体験談

ZWEI(ツヴァイ)で断られてもマッチングアプリでご縁を手繰り寄せましょ!!

更新日:

婚活をしていると、こちらからアプローチをかけてもお見合いを断られること、ありますよね。
今回は、いったんZWEI(ツヴァイ)で断られた人と、マッチングアプリで再会した体験談をお話しします。

久々の大物!東大出身の官僚とマッチング!

私は絶賛婚活迷走中の30歳のOLです。
28歳の頃からZWEI(ツヴァイ)に入会し、婚活をしていましたが、なかなか収穫がないため、最近はマッチングアプリに手を出し始めました。

とある月末。
いつものように数名の男性のプロフィールシートが送られてきます。
その中に、エリートが紛れ込んでいました。
東京大学法学部出身、内閣府勤務、現在34歳、真面目そう。
年収から推測すると、彼(以下、Bさん)はキャリア官僚です。
ウキウキしながら、さっそくコンタクト申請をしました。
数日後、コンタクト承認されたので、さっそく提示されたメールアドレスに連絡をしてみました。

私>初めまして。
  コンタクト承認ありがとうございます。
  もしBさんのご都合がよろしければ、一度会いませんか。

B>初めまして。
  こちらこそよろしくお願いします。
  再来週末なら時間が空いているのですが、いかがでしょうか。

私>再来週末、私は土日どちらも空いています。
  Bさんは新宿区在住なんですね。
  お会いする場所は、新宿はどうでしょうか。

ここで、Bさんからの連絡が途切れてしまいました。
私のオペレーションには問題はなかったはず。
もしかして、他の女性からアプローチがあったのかな?
そんなモヤモヤした気持ちをしながら、数日を過ごしていました。

そしてとある日。
偶然開いた某婚活系マッチングアプリで、まさかのBさんを見つけました。
プロフ画像が、ZWEI(ツヴァイ)の登録写真と全く同じなので、間違いありません。
ZWEI(ツヴァイ)で一度連絡を取ったことを隠し、Bさんに連絡すると、トントン拍子にデートの予定が決まりました。

スマートフォン用

デートは順調!しかしその後が・・・

実際に会ったBさんは、とても聡明で、話していて楽しいです。
食事代、お茶代もすべておごってくれました。
帰り際にLINEを交換し、その日は別れました。
そのあと数日は、LINEでBさんとやり取りする日が続きました。

私>Bさん、今日もお仕事忙しいんですか?

B>今日帰宅したのは0時半です。
  なかなか日付がかわるまでに退庁するのは難しいですね。
  国会も立て込んでますし、これから正念場です。

私>無理なさらないでくださいね。
  お仕事も大事ですが、Bさんの身体が壊れてしまってはいけませんよ。

B>ありがとうございます。
  もうこんな生活を十年以上続けているので、慣れています。

Bさん、とってもいい感じ!
このままBさんとお付き合いしてもいいかも!!??

そう思いながらも、久々にBさんとマッチングしたアプリでBさんのページを開いてみると、驚きの事実が明らかになりました。

Bさん・・・まだアプリにしょっちゅうログインしてる・・・。

その後、LINEでBさんとやり取りしながら、アプリのBさんのログイン履歴を観察しました。
Bさん、毎日何度もアプリにログインしています。
しかも、他のマッチングアプリでも、Bさんの情報を見つけました。

国会で忙しいんじゃないの??????

Bさんとのその後

Bさんとは、その後もLINEをしたり、お茶をする仲が続いています。
マッチングアプリでBさんのログイン履歴を見ていることは、内緒です。
私と会っている間も、Bさんは複数のマッチングアプリで女の子と連絡を取っているようです。
婚活って、同時進行が基本ですが、いざされるとなるととても落ち込みますね。

まとめ

婚活は、同時進行することも、されることもしょっちゅうです。
こちらも割り切って、婚活をすすめることが重要です。

結婚仲介所

-体験談

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.