ブライダルフェア 結婚準備

ブライダルフェアとは?結婚を決めたら誰もが知っておきたい情報を紹介!

更新日:

ブライダルフェアとは?結婚を決めたら誰もが知っておきたい情報を紹介!

皆さんは、ブライダルフェアを知っていますか?

結婚が決まると、まず考えるのは結婚式をどうするかということです。

結婚式をするとなると、式場をどうするか、予算はいくらくらいになるのか、分からないことがたくさん出てきます。

そこでお助け役になってくれるのが、ブライダルフェアです。

今回は、ブライダルフェアとはいったいどのようなものなのかについて紹介していきます。


スポンサーリンク

<ブライダルフェアとは?>

ブライダルフェアとは、結婚式の挙式会場や披露宴会場がどのようなものなのかを事前に知ることができるイベントのことを指します。

会場を見ることができるだけでなく、婚礼料理の味を自分で確かめることができる試食会や実際にドレスを着ることができる試着会、模擬挙式や模擬披露宴などといったデモンストレーションの体験など、本番さながらの結婚式のサービスや雰囲気を味わうことができます。

また、ブライダルフェア会場で成約すると、割引などといった特典を受けることができるものもあります。

結婚式に関する相談会も実施されており、プランや予算などといった結婚式に関する不安なこと、分からないことを、プランナーに細かく相談することもできます。

この相談会を通して、結婚式のイメージをより具体化することもできます。

ブライダルフェアに参加することで、自分たちの挙げたい理想の結婚式がどのようなものなのかイメージすることができます。

結婚が決まったら、一度ブライダルフェアに参加してみましょう。

ゼクシィnet

<ブライダルフェアのタイプ>

ブライダルフェアには、総合フェア、ナイトフェア、平日フェア、モーニングフェアと4つのタイプがあります。

それぞれ違った特徴があったり、おすすめしたいカップルが異なっていたりするので、ここで1つ1つ詳しく紹介していきます。

自分がどのフェアに参加してみたいか考えながら読んでみてください。

・総合フェア

総合フェアは、専門の式場やホテルで年に2回、多いところだと月1のペースで開催されます。

衣装試着や模擬挙式、模擬披露宴などといった様々なイベントが行われるのが特徴です。

とにかく他のフェアと比べてイベントが盛りだくさんなので、時間は長丁場になる可能性があります。

一度にいろんなものをじっくり見て回りたいというカップルにおすすめです。

・ナイトフェア

ナイトフェアは、その名の通り夕方から夜に開催されます。

ライトアップされたガーデンやチャペルなど、夜にしか味わうことができない現像的な雰囲気を体験することができます。

フェアによっては試食会などを行っている場合もあるので、ディナーデートとしても非常におすすめです。

ロマンティックなナイトウエディング気分を味わいたいカップルにピッタリです。

・平日フェア

休日のフェアになかなか参加できないというカップルには、平日フェアがおすすめです。

ブライダルフェアには平日行われているものもあるので、その点は安心してください。

平日開催ということもあって、休日と比べると比較的空いており、ゆっくり2人のペースで見て回ることができます。

相談会でもプランナーとゆっくりいろんな話をすることができます。

自分たちのペースで見たり話したりするのにはピッタリです。

・モーニングフェア

モーニングフェアも、その名の通り朝の早い時間に開催されます。

モーニングフェアの最大のメリットは、実際の結婚式が行われる前に、会場の装飾やテーブルコーディネートなどが見学できるという点です。

結婚式独特の緊張感ある雰囲気をリアルに体験したいというカップルにおすすめです。

<ブライダルフェアの流れと内容>

ブライダルフェアとは?結婚を決めたら誰もが知っておきたい情報を紹介!

ブライダルフェアには、模擬挙式や模擬披露宴などといったイベントがあることが分かりました。

では、それぞれがどのような流れで進んでいくのか、また詳しい内容について同時に見ていきましょう。

・会場到着、受付

会場に到着したら、まず受付を済ませます。

その際に会場指定のアンケートを渡されることがあるので、もらった際はしっかり記入するようにしてください。

アンケートの内容には、招待客の人数や日程、予算などといった結婚式における条件を答えるものもあります。

答えられる範囲で記入しておくと、後で行われる相談会の際に、プランナーと具体的な相談をすることができます。

・模擬挙式、模擬披露宴

模擬挙式では、本番さながらの挙式をゲスト席から体験することができます。

神殿やチャペルなどといった臨場感たっぷりの式場で行われる挙式のデモンストレーションです。

聖歌隊の歌声の響きなど、模擬挙式でしか確かめることのできない感動シーンが体験できます。

模擬披露宴では、ゲストの目線に立って披露宴の流れをチェックすることができます。

モデルの新郎新婦が登場し、本番と同様の進行でデモンストレーションが行われます。

感動的な演出のポイントや、スタッフの対応などを直接見て確かめることができます。

・試食会

試食会には無料のものと有料のものがありますが、有料といっても通常よりもかなりお手頃な値段でコース料理などを試食することができます。

試食会はブライダルフェアの中でも人気のイベントなので、早めに予約するのがおすすめです。

・衣装試着体験

女性の憧れ、ウエディングドレスをその場で試着することができます。

試着体験では、会場の雰囲気に合ったウエディングドレスを試着することができるので、結婚式のイメージがより沸きやすくなります。

会場によってはプロのカメラマンによる記念撮影も行われており、女性にとっては非常に嬉しいイベントです。

・プランナーとの相談会

不安や分からないことを、直接プランナーさんに相談することができます。

また、要望によってはその場で見積もりも行ってくれます。

会場が気に入ったのであれば、日程や予算などを相談して仮予約することも可能です。

スポンサーリンク



<ブライダルフェアでチェックしておきたいポイント>

ブライダルフェアに行くと、具体的な挙式や披露宴の内容がイメージできるようになります。

しかし、ブライダルフェアでチェックすべきことをしっかり把握しておかないと、ブライダルフェアに行ったにも関わらず何の成果もないまま終わってしまう可能性があります。

ここでは、実際にウエディングプランナーに聞いた、ブライダルフェアでチェックしておきたいポイントを紹介します。

ゼクシィnet

・結婚式の時期

ブライダルフェアに行く前に決めておきたいものとして、結婚式の時期があります。

細かい日程まで決めておく必要はありませんが、季節などといった大まかな時期を伝えることができると、ブライダルフェア当日にスムーズにプランを立てることができます。

人気の時期だとすでに予約でいっぱいだったり、時期によってサービスや料金が大きく異なってきたりするので、目安だけでも決めておくことをおすすめします。

・結婚式のスタイル

教会式や神前式、人前式など、式のスタイルによって会場も変わってきます。また、会場だけでなく身に着ける衣装も変わってくるので、希望の結婚式のスタイルを決めておくことは重要です。結婚式のスタイルは結婚式準備の中で重要なポイントとなってくるので、早めに固めておきましょう。

・招待客の人数、予算

招待客の人数がある程度決まっていると、どのくらいの規模の式場でいけるかが分かるので、式場選びがスムーズになります。

式場が決まると、それに見合った予算を出すこともできます。

逆に予算が決まっている場合は、その予算でどれくらいの人が呼べるかを考えてみてください。

そうすると式場の規模も決まってきます。

衣装や引き出物などで、会場が取り扱っていないブランドのものなどを使用する場合は、持ち込む形になります。

その場合は基本的に持ち込み料がかかります。持ち込みの有無についても合わせて確認しておきましょう。

・両家の意見

両家の意見は、結婚式を行ううえで盲点になることがあります。

結婚式のスタイルや全体のイメージなど、大きなポイントとなってくる部分は事前に伝えておくことが重要です。

特に招待客や場所、日取りには強いこだわりを持っている両親もいるので、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

2人だけで考えるのではなく、両家の意見も盛り込んで考えるようにしてください。

・結婚式でこだわりたいもの、重視したいもの

時期やスタイルなど、基本的なことが一通り決まったら、次は結婚式でこだわりたいものや重視したいものについて2人で話し合っておきましょう。

こだわりたいものや重視したいものに優先順位をつけておくと、理想の式場選びがスムーズに進みます。

また、好きなウエディングドレスのブランドがあったときに、自分たちが行ったブライダルフェアの会場がそのブランドを取り扱っていない可能性があります。

その場合は別途持ち込み料がかかってしまうので、こだわりたいものや重視したいものは、出来るだけ細かく事前に決めておくようにしましょう。

<ブライダルフェアにはこんな特典も!>

ブライダルフェアとは?結婚を決めたら誰もが知っておきたい情報を紹介!

ブライダルフェアに参加すると、様々な特典を受けることができます。

その中でもウエディングプランナーがおすすめする特典は、衣装の無料レンタルや挙式料金の値引き、ドレスショー見学で最新のドレスをチェック、婚礼料理の無料試食などです。

この他にも、記念写真やファッションアイテムがプレゼントされたり、無料で婚礼料理のグレードアップを行ってくれたりといった限定特典もあるので、是非チェックしてみてください。

結婚式当日だけでなく、ブライダルフェアでも楽しい時間が過ごせるというのも大きな特典です。

<ブライダルフェアに関する疑問を解決>

最後に、ブライダルフェアに関してよくある質問とその回答をいくつか紹介しておきます。

・その場で申し込まないといけないのか?

他の会場と照らし合わせて検討したり、両親と相談して決めたりする必要があるため、その場で申し込まなければいけないというわけではありません。

しかし、人気の会場はすぐに予約で埋まってしまう可能性があります。

そんなときは仮予約するのがおすすめです。

仮予約期間は1週間~10日間程度となっており、予約金は必要ありません。

また、仮予約中はキャンセル料も発生しないので、少しでも気になったのであれば仮予約しておくと良いです。

・ブライダルフェアにはどのような服装で行けば良いのか?

ブライダルフェアには、これといった服装の規定はありません。

しかし、ある程度フォーマルな服装で参加している人が多いです。

そのため短パンやTシャツなど、ちょっと外に出るときに着るようなカジュアルな服装で参加すると、浮いてしまう可能性があります。

ドレスのようなフォーマルすぎる服装で参加する必要はありませんが、カジュアル過ぎる服装にならないようにだけ注意しましょう。

・ブライダルフェアに1人で行くことは可能か?

お互いの都合が合わずなかなか一緒に行けないというカップルは、1人で来てもらっても問題ありません。

あらかじめ2人で結婚式への希望などを話し合っておくと、1人で行ったとしても相談することができます。

・ブライダルフェアに持っていくものはあるか?

ブライダルフェアに参加する際に持っていくと良いものとして良く挙げられるのが、カメラとメモ帳です。

特にメモ帳は、初めて耳にする情報や用語が出てくる可能性があるので、持っていると便利です。

またカメラは、会場やドレスを試着したときの自分の写真を残しておけば、会場やドレスを比較する際の参考になります。

・ブライダルフェアの費用は?

ブライダルフェアは、一部を除き無料で参加することができます。

参加は無料でも、先ほど述べた通り試食会は有料の可能性もあります。

しかし、比較的安価で試食することができるので、お金を払う価値は十分にあります。

<まとめ>

今回は、ブライダルフェアについて紹介してきました。イメージ通りだったでしょうか?

実際の挙式や披露宴を見ることは、普通に生活しているだけではなかなか難しいです。

ブライダルフェアに参加することによって、挙式会場や披露宴会場、婚礼料理の味などを実際に自分で確かめることができます。

これから先、結婚式を行う予定のある人は、是非一度ブライダルフェアに足を運んでみてください。

今まで知らなかった結婚式に関する情報を、たくさん手に入れることができます。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

■こちらの記事も読まれています

ゼクシィnet

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ブライダルフェア, 結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.