結婚準備

結婚式までの流れとスケジュールはどうなっている?やるべきことを解説

更新日:

結婚式と聞くと、やるべきことがたくさんあって大変そうというイメージを抱いている人が多いのではないでしょうか?

実際に、プロポーズしてから結婚式を挙げるまでには、非常に長い道のりがあります。

しかし、結婚式を素晴らしいものにするためには、どうしても通らなければならない道のりです。

今回は、結婚式までの流れとスケジュールを、やるべきことと合わせて解説していきます。

これを参考にすれば、スムーズに結婚式まで準備を進めることができます。是非参考にしてみてください。


スポンサーリンク

結婚式1年~6ヶ月前にやるべきこと

最初に、結婚式1年~6ヶ月前にやるべきことをいくつか解説していきます。

両親へ結婚報告と挨拶を行う

両親への結婚報告と挨拶は、結婚式までの流れの中で最初の難関となります。

両親から結婚を認めてもらい、両親の意見も取り入れつつ結婚式の準備を進めていくことを忘れないようにしてください。

2人の間で結婚式の形を決めていたとしても、両親に決めたことを報告すると「自分たちだけで勝手に決めたのか」と印象を悪くしてしまう可能性があります。

両親を立てつつ自分たちの希望を叶えていくという段取りが重要になります。

また、結婚報告と挨拶は長い時間をかけて行うものではありません。

短時間で相手のことを知るのは難しいことなので、あらかじめ相手の情報を自分の両親に伝えておくようにしましょう。

名前(漢字も含めて)や年齢、出身地、家族構成、職業などを伝えておくと、結婚報告と挨拶がスムーズに進みますし会話も弾みます。

両親への結婚報告と挨拶に合わせて、結婚式の日取りや結納、両家の顔合わせ食事会についての話を行っておくと安心です。

ただし、両親に話す際は「決定した」ではなく「今このように考えている」という姿勢で話すようにしましょう。

ブライダルフェアに参加する

カップルのほとんどが、結婚を決めたら最初に両親への結婚報告と挨拶をしなければいけないということを理解しています。

しかし、問題はその後です。

ここから一体何に手をつけていけば良いのか分からなくなってしまうカップルがほとんどです。

そこで活用してほしいのが、ブライダルフェアです。

ブライダルフェアは、挙式会場やホテル、レストランなど様々な会場で行われています。

ブライダルフェアの最大の魅力は、ブライダルフェアに参加することによって会場を決めてしまえば、後はウェディングプランナーと呼ばれる担当者が導いてくれるという点です。

2人の希望を最優先に、まずは会場を決めてそこで開催されているブライダルフェアに参加しましょう。

婚約指輪を購入する

婚約指輪は、結納という大切な儀式で重要な役割を果たすものです。

高価な買い物となるので、余裕を持って購入しておくことがおすすめです。

購入するタイミングとしては、結納や両家の顔合わせ食事会が行われる前がほとんどです。

時期でいうと、結婚式1年~10ヶ月前頃に検討を始めて、実際に購入するのは結婚式8~6ヶ月前頃です。

婚約指輪は、半数のカップルが2人で選んで購入していますが、最近では男性が選んで購入するというケースも増えてきています。

男性のファッションセンスが良くなってきたことや、プロポーズでサプライズ演出をしたいと考える男性が増えてきたことなどが理由として挙げられます。

彼女思いの男性が増えてきたことを表しているとも言えるでしょう。

ハネムーンのプランを立てる

結婚式の準備は、どれだけ早く取り掛かっても3ヶ月~直前までがどうしても忙しくなり、バタバタしてしまいます。

3ヶ月より前に準備することができるハネムーンは、時間的にまだ余裕のあるタイミングで、プランを決めたり必要なものを準備したりしておいてください。

結婚式6ヶ月前までには、まずハネムーンのプランを決めておきましょう。

どこに行くのか、どのように行くのか、こだわりはあるのかなどを2人で話し合って、旅行会社のサイトやチラシなども参考にしながらプランを立てておきます。

この段階でプランを立てておくと、後で安心です。

結婚式1年~6ヶ月前にやるべきこととしてはこれ以外にも、新居のプランを立てるなどがあります。

スポンサーリンク

結婚式6~3ヶ月前にやるべきこと

次に、結婚式6~3ヶ月前にやるべきことをいくつか解説していきます。

ドレス、衣装探しを始める

結婚式6~3ヶ月前にかけて、ドレスや衣装探しを始めるカップルは多いです。

2人が着たいドレスや衣装を選ぶのはもちろん良いことですが、普段着ることがないということもあって、似合っているか似合っていないか分からないという事態に陥りやすいです。

迷わずにドレスや衣装を選ぶためには、母親や友人など第三者を連れて行くことがポイントになります。

衣装店のスタッフさんに見てもらうのも1つの方法ですが、2人の好みや性格まで理解してくれているわけではないので、そこを理解するまでにまず時間がかかってしまいます。

身近にいる人なら2人の好みや性格を理解してくれているので、そういった人たちを一緒に連れて行き、似合っているかどうか見てもらうと安心です。

また、ドレスや衣装を選ぶ際には、結婚式場の持込制限についてあらかじめ確認しておいてください。

式場によっては、持込料を払えばドレスや衣装を持ち込むことができる場合もあれば、式場が提携している衣装店のものしか持ち込めないという場合もあります。

せっかく似合うドレスや衣装を選んだにもかかわらず持ち込みできないとなってはもったいないので、その点はしっかり確認しておくようにしましょう。

退社の意志を会社に伝える

結婚によって退職を考えている場合は、退社の意志を会社に伝える必要があります。

結婚の知らせは会社にとっても嬉しいことです。

しかし、報告の順番ややり方を間違えると、思わぬ事態を招く可能性があるので、十分気を付けましょう。

退社の意志を会社に伝える時期の目安は、結婚式3ヶ月前頃です。

退社するとなると、会社側も次の採用などといった準備を行わなければいけないので、遅くとも結婚式3ヶ月前までには意志を伝えるようにしてください。

また、結婚で良くあるのが、身近な会社の同僚や後輩に結婚することを先に伝えてしまい、上司から「聞いていない」と呼び出しを受けてしまうパターンです。

嬉しさのあまり何も考えずに話してしまうと、後で知った人たちとの関係がギクシャクしてしまうことも考えられます。

結婚報告をする順番として正しいのは、仲の良い友人、直属の上司、その他の上司、先輩、同僚です。この順番を正しく守って報告していくようにしましょう。

結婚式6~3ヶ月前にやるべきこととしてはこれ以外にも、結納か両家の顔合わせ食事会を行う、ハネムーンの旅行申し込みを行うなどがあります。

結婚式3~1ヶ月前にやるべきこと

次に、結婚式3~1ヶ月前にやるべきことをいくつか解説していきます。

乾杯や主賓、スピーチ、余興の人選を行い依頼する

主賓は、ゲストの中で主だった人という意味があります。

基本的には会社の上司に、親族のみで結婚式を行う場合はおじさんに依頼することが多いです。

基本的に新郎側と新婦側それぞれから主賓を1人ずつ出し、準主賓クラスの人が乾杯をお願いすることが多いです。

しかし、最近では新郎側の主賓にスピーチなどをお願いし、新婦側の主賓が乾杯の挨拶をするというケースもあります。

ゲストの参加状況などに応じてプランナーさんと決めていくようにすると良いです。

受付や司会のスタッフの人選を行い依頼する

司会に関しては、プロに依頼しているカップルがほとんどです。

せっかく結婚式に来てもらうので、思い切り楽しんでほしいというカップルが多いのが理由の1つです。

ただし、中には友人の中に司会に適している人がいるというケースもあります。

2人を良く知っている人が司会をすることで、会場も和やかな雰囲気に包まれます。

司会に適した友人がいるのであれば、その人に司会を依頼するのも良いのではないでしょうか?

結婚指輪を購入する

kgorz / Pixabay

婚約指輪と結婚指輪は違うのかと疑問に思ったことがある人は多いのではないでしょうか?

ほとんどのカップルは、結婚が決まると婚約指輪と結婚指輪をそれぞれ購入します。

婚約指輪は先ほども述べた通り、結納で重要な役割を果たすものですが、結婚指輪は挙式で重要な役割を果たすものです。

同じように見えて、実はそれぞれに別の役割があります。

結婚指輪は2人がそれぞれ身につけるものなので、婚約指輪とは違い2人で見に行くケースがほとんどです。

日常生活でつけていても支障が出ないように、シンプルなデザインのものを選ぶカップルが多いです。

結婚式3~1ヶ月前にやるべきこととしてはこれ以外にも、エステを始める、新生活の必需品リストを作成するなどがあります。

スポンサーリンク



結婚式1ヶ月前にやるべきこと

次に、結婚式1ヶ月前にやるべきことを解説していきます。

ヘアメイクのリハーサルを行う

どれだけ美しく似合ったドレスを着ても、ヘアメイクがしっかりしていなければ全て台無しになってしまいます。

それだけヘアメイクは重要なものです。

大切な結婚式でそのような事態に陥らないようにするためにも、ヘアメイクのリハーサルは必ず行うようにしましょう。

ヘアメイクは、もちろんプロの方が行ってくれます。

しかし、プロがやってくれるからといって投げやりにするのは良くありません。

担当してくれるプロのヘアメイクさんとしっかりコミュニケーションをとりながら、一緒にヘアメイクを作り上げていくことを心掛けてください。

これは、納得のいくヘアメイクにするために非常に重要なことです。

新郎新婦2人で作り上げる結婚式なので、ヘアメイクに関しても積極的に参加する姿勢を忘れないようにしましょう。

結婚式1ヶ月前にやるべきこととしてはこれ以外にも、遠方からくるゲストの宿泊手配を行う、婚姻届など各種届の準備をするなどがあります。

結婚式1週間前にやるべきこと

最後に、結婚式1週間前にやるべきことをいくつか解説していきます。

心付けとお車代を用意する

結婚式を挙げるうえでお世話になる人たちへの心付けとお車代を、このタイミングで用意しておきます。

心付けは、スタッフさん向けに渡すものです。

心付けに関しては、「サービス料を支払っているから渡す必要はない」と考えている人もいれば、「気持ちだけ渡しておくべきだ」と考えている人もいます。

最近だと、式場側が心付けは必要ありませんと言っているケースもあるので、心付けに関する考え方はまさに人それぞれです。

心付けで大事なことは、感謝の気持ちをどのように伝えるかということなので、現金を渡すのも良いですし、何か物を買って渡したり、感謝の言葉を伝えたりするのも良いです。

お車代は、乾杯や主賓を依頼した人、遠方から来るゲスト向けに渡すもので、基本的に招待した側が負担します。

お金が絡んでくることなので、お互いにしこりが残らないようしっかり話し合って決めるようにしてください。

また、新郎新婦は結婚式が始まってしまうと直接お車代を渡すタイミングがないので、親族に式前で渡してもらうようお願いしておきましょう。

結婚式1週間前にやるべきこととしてはこれ以外にも、ネイル、エステでのシェービングなどがあります。

まとめ

今回は、結婚式までの流れとスケジュール、やるべきことについて解説してきました。

今回の内容のまとめになります。

  • 結婚式1年~6ヶ月前にやるべきことは、両親への結婚報告と挨拶、ブライダルフェアへの参加、婚約指輪の購入、ハネムーンのプランを立てるなどがある。
  • 結婚式6~3ヶ月前にやるべきことは、ドレスや衣装探し、退社の意志を会社に伝えるなどがある。
  • 結婚式3~1ヶ月前にやるべきことは、乾杯や主賓、スピーチ、余興、受付、司会の人選と依頼、結婚指輪の購入などがある。
  • 結婚式1ヶ月前にやるべきことは、ヘアメイクのリハーサルなどがある。
  • 結婚式1週間前にやるべきことは、心付けとお車代の用意などがある。

結婚式を挙げるまでには、本当にたくさんやるべきことがあるということが分かりました。

これだけたくさんあると、どうしても何からやっていけば良いか分からなくなってしまいます。

そんなときは、是非この記事を参考にしてみてください。

皆さんの結婚式が素晴らしいものになることを願っています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.