結婚式・披露宴 結婚準備

結婚式の挨拶・祝辞文例を紹介!

投稿日:

結婚式では、新婦や父親による挨拶(謝辞)と来賓や友人による祝辞があります。新郎や父親による挨拶は、出席してくれたゲストにお礼の言葉を述べるものです。新郎新婦の謝辞と両親の謝辞は、それぞれの立場によって話す内容が変わります。対して、来賓や友人による祝辞も、上司や媒酌人、友人、来賓などそれぞれの立場によって話す内容が変わります。今回は、結婚式の挨拶と祝辞の文例をそれぞれ紹介します。

<結婚式の挨拶文例>

結婚式の挨拶ではゲストに対して、忙しい中時間を作って結婚披露宴に出席してくれたことへのお礼や新生活の抱負、今後のお付き合いに関するお願いなどを述べます。ここでは、結婚式の挨拶文例をそれぞれの立場に分けて紹介していきます。

新郎の挨拶

新郎の挨拶で言うべきことは、集まってくれたことに対するお礼、新生活に対する決意の言葉、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つです。それでは、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、集まってくれたことに対するお礼です。文例としては、「本日はお忙しい中、私たち2人のためにお集まりいただきありがとうございます。」「本日はお忙しい中、私たち2人のためにお集まりいただき、本当にありがとうございました。また、仲人様を始めご来賓の皆様及びご列席の皆様より温かい言葉を頂戴し、厚くお礼申し上げます。」などです。お礼の言葉は、挨拶の冒頭でしっかり述べましょう。
次は、新生活に対する決意の言葉です。文例としては、「2人も未熟ではございますが、本日皆様から頂戴したお言葉を糧とし、明るく楽しい家庭を築いて参りたいと存じます。」「本日皆様から温かい励ましの言葉を頂戴し、身の引き締まる思いです。我々2人は未熟ではございますが、助け合って先代が遺してくれたお店を守っていきたいと思っています。」などです。
最後は、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いです。文例としては、「これからも、どうか変わらぬご指導ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。本日は本当にありがとうございました。」「今後も何かとご指導をお願いすることが多いと思いますが、よろしくお願い申し上げます。本日は本当にありがとうございました。」などです。最後にしっかり、今後のお付き合いに関するお願いを述べましょう。

新婦の挨拶

Free-Photos / Pixabay

新婦の挨拶で言うべきことは新郎と同じく、集まってくれたことに対するお礼、新生活に対する決意の言葉、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つです。
なお、新婦だけが挨拶して新郎が挨拶しないということはほとんどありません。新婦が挨拶するのは新郎も挨拶するときだけなので、くれぐれも新郎と内容が重複しないように注意してください。挨拶の内容が重複してしまうと、くどい印象を与えてしまいます。それではこちらも、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、集まってくれたことに対するお礼です。文例としては、「本日は私たち2人のためにお心づかいをいただきましてありがとうございます。」などです。
次は、新生活に対する決意の言葉です。文例としては、「皆様からのお言葉を頂いて、知り合う前の彼のことを少しだけ知ることができてとても嬉しく思います。今日からは新しいページを2人で描いていきたいと思います。」「本日皆様から温かい励ましの言葉を頂戴し、感謝の気持ちでいっぱいになりました。これからは2人で明るい家庭を築き、両親を安心させたいと思っています。」などです。
最後は、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いです。文例としては、「至らぬ嫁ではございますが、夫ともどもよろしくお願い申し上げます。本日は本当にありがとうございました。」などです。

親族の挨拶、新郎の父の謝辞

親族の挨拶、新郎の父の謝辞で言うべきことは、忙しい中集まってくれたことに対するお礼、親としての気持ち、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つです。それでは、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、忙しい中集まってくれたことに対するお礼です。新郎新婦も述べる内容なので多少重なるところはありますが、文例としては、「新郎の父でございます。本日はお忙しい中、2人のためにお集まりいただきまして、本当にありがとうございました。また、仲人様をはじめご来賓の皆様、及びご列席の皆様より温かい言葉を頂戴し、厚くお礼申し上げます。」などです。
次は、親としての気持ちです。文例としては、「先日、妻と2人で息子の子供の頃の写真を見る機会がありました。どの写真にも思い出と成長の足跡があり、不覚にも目頭が熱くなりました。妻にばれないようにとビールを取りに立ち上がったものの、アルコールが入ると余計に涙もろくなってしまい、我ながら参りました。今日こそは息子の晴れ姿をしっかり見届けようとアルコールを断るつもりでおりましたが、皆様からのお言葉を頂戴しているうちに感動してしまい、さらに酒が進んでおります。」などです。ここで少し笑える要素を入れてみると良いです。
最後は、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いです。こちらも新郎新婦が述べる内容なので多少重なるところはありますが、文例としては、「本日はご臨席たまわりましてまことにありがとうございました。行き届かぬ点もあったかと存じますが、何卒お許しくださいませ。若い2人にこれからも変わらぬご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。」などです。

新郎または新婦の兄弟姉妹のお祝いの言葉と謝辞

新郎または新婦の兄弟姉妹がお祝いの言葉と謝辞を述べるのは、比較的稀です。新郎または新婦の兄弟姉妹がお祝いの言葉と謝辞で言うべきことは、忙しい中集まってくれたことに対するお礼、新郎または新婦の人柄が伝わるエピソードや親族としての気持ち、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つです。それでは、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、忙しい中集まってくれたことに対するお礼です。文例としては、「新郎の妹でございます。本日はお忙しい中、兄夫婦のためにお集まりいただきありがとうございました。」などです。
次は、新郎または新婦の人柄が伝わるエピソードや親族としての気持ちです。文例としては、「父が亡くなってからずっと、兄は父の代わりとして家族を支えてくれました。大学進学を諦めて就職することになったときも、兄は愚痴を申しませんでした。兄がいてくれたおかげで、母と私はどれほど心強かったか分かりません。」「こうして2人の晴れ姿を見ておりますと、兄として感激でございます。また、念願の男の兄弟ができることを嬉しく思います。」などです。
最後は、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いです。文例としては、「私の教育が行き届かず、皆様のご指導をあおぐことが多くなるかと存じますが、どうか末永くお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。本日はまことにありがとうございました。」などです。

<結婚式の祝辞文例>

ここでは、結婚式の祝辞文例をそれぞれの立場に分けて紹介していきます。

仲人、媒酌人の祝辞

仲人、媒酌人の祝辞で言うべきことは、冒頭の挨拶、無事に結婚式を挙げたことの報告、新郎新婦の馴れ初めや2人の人となり、周囲からの温かいご指導の仰ぎと変わらぬ御交誼の依頼の4つです。それでは、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、冒頭の挨拶です。文例としては、「それでは媒酌人と致しまして、一言ご挨拶をさせていただきます。」などです。最初に必ず、簡単な挨拶を入れておきましょう。
次は、無事に結婚式を挙げたことの報告です。これは、出席できなかった友人や来賓のために述べます。文例としては、「ただいま、神前におきまして新郎○○太郎さんと新婦□□花子さんの結婚がいともおごそかに滞りなく執り行われましたことを、ご臨席の皆様にご報告申し上げます。」などです。
次は、新郎新婦の馴れ初めや2人の人となりです。これは、新郎に初めて会う新婦のゲストや新婦に初めて会う新郎のゲストのために述べるべき事柄です。文例としては、「ここで少しお時間を頂戴しまして、新郎新婦の人となりを簡単にご紹介させていただきます。」などと最初に述べ、新郎新婦の馴れ初めや2人の人となりをそれぞれ具体的に述べます。これまでの生い立ちなどを紹介するのも良いです。
最後は、周囲からの温かいご指導の仰ぎと変わらぬ御交誼の依頼です。文例としては、「どうか、若い2人にこれまで以上のご指導、ご支援を賜りますよう改めてお願い申し上げます。本日はお忙しい中ご臨席賜りまして、まことにありがとうございました。粗酒、粗宴ではございますが、ごゆっくりとお過ごしください。」などです。

主賓、来賓の祝辞

主賓、来賓の祝辞で言うべきことは、冒頭の挨拶、新郎または新婦との関係、新郎または新婦の人となり、2人に対してのお祝いの言葉の4つです。それでは、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、冒頭の挨拶です。文例としては、「本日はお日柄も良く、新郎新婦ならびご両親の皆様に心よりお祝い申し上げます。」などです。
次は、新郎または新婦との関係です。文例としては、「ただいまご紹介に預かりました△△でございます。新郎の太郎くんとは、彼が当社に入社してからのお付き合いになります。」などです。
次は、新郎または新婦の人となりです。文例は長くなるので割愛しますが、具体的な事例を挙げつつ、新郎または新婦の人となりを紹介していきましょう。
最後は、2人に対してのお祝いの言葉です。文例としては、「本日はお招き頂きまして本当にありがとうございました。2人の末永い幸せをお祈りいたしまして、私からのお祝いの言葉とさせていただきます。」などです。

友人の祝辞

JordanStimpson / Pixabay

友人の祝辞で言うべきことは主賓、来賓と同じく、冒頭の挨拶、新郎または新婦との関係、新郎または新婦の人となり、2人に対してのお祝いの言葉の4つです。それではこちらも、具体的な例を見ながら確認していきましょう。
最初は、冒頭の挨拶です。主賓、来賓の文例と同じようなことを述べましょう。
次は、新郎または新婦との関係です。特に強い決まりがあるわけではありませんが、スピーチの中では友達という言葉よりも友人という言葉を使った方が良いとされています。また、同じ先生から教えを受けた友達を指す「朋友」という言葉もあります。文例としては、「△△と申します。新郎とは小学3年生のときに一緒のチームで野球をやり始めてからずっと友人です。」などです。
次の新郎または新婦の人となり、最後の2人に対してのお祝いの言葉についても、主賓、来賓の文例と同じようなことを述べれば問題ありません。

<まとめ>

今回は、結婚式の挨拶と祝辞の文例、そして結婚式の挨拶に関する基礎知識について解説してきました。それでは、今回の内容のまとめになります。

  • 新郎、新婦の挨拶で言うべきことは、集まってくれたことに対するお礼、新生活に対する決意の言葉、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つ。親族の挨拶、新郎の父の謝辞で言うべきことは、忙しい中集まってくれたことに対するお礼、親としての気持ち、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つ。新郎または新婦の兄弟姉妹がお祝いの言葉と謝辞で言うべきことは、忙しい中集まってくれたことに対するお礼、新郎または新婦の人柄が伝わるエピソードや親族としての気持ち、今後のお付き合いのお願いやご指導ご支援のお願いの3つ。
  • 仲人、媒酌人の祝辞で言うべきことは、冒頭の挨拶、無事に結婚式を挙げたことの報告、新郎新婦の馴れ初めや2人の人となり、周囲からの温かいご指導の仰ぎと変わらぬ御交誼の依頼の4つ。主賓、来賓、友人の祝辞で言うべきことは、冒頭の挨拶、新郎または新婦との関係、新郎または新婦の人となり、2人に対してのお祝いの言葉の4つ。

挨拶や祝辞を述べる際は、ゆっくり語ることを意識するのがポイントです。伝えなければいけないことがたくさんあるということは分かりましたが、それを早口で言ってしまっては何も伝わりません。伝えたい人にしっかり伝わるよう心掛けて、挨拶や祝辞を述べるようにしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやと

皆さんのためになる記事作成をしていきたいと思っています。 読みやすい記事になるよう心掛けていきます、よろしくお願いいたします!

-結婚式・披露宴, 結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.