結婚式・披露宴

間違いない結婚式の服装「親族編」

更新日:

間違いない結婚式の服装「親族編」

結婚式に出席するとき、どんな立場であってもやはり服装選びは頭を悩ませてしまうもの……。

特に友人や会社関係ではなく、親族としての立場なら華やかな結婚式であっても、目立ち過ぎは禁物です。

しかし地味過ぎるのも……と境界線がなかなか難しくもあります。

そこで今回は結婚式に親族として出席する予定のみなさまへ、正しい服装の選び方をご紹介します。

親族とはいえ、新郎新婦との関係や年齢によって結婚式の服装マナーは違っています。

大切な身内の結婚式です。正しい服装マナーを知って結婚式に出席しましょう。


スポンサーリンク

結婚式における親族の立ち位置は「ホスト側寄り」

まず心得ておきたいことは、親族として出席する結婚式は「ゲスト」の立場ではないということ。

結婚式に出席する参列者は大きく分けて「もてなす側(ホスト)」と「もてなしされる側」(ゲスト)に分かれます。

端的に言えばもてなす側の参列者は、新郎新婦の血縁関係者。

血縁が濃くなる程もてなす側になり役割は重要と思っておいてください。

ホスト側である親族は、結婚式の服装において「華やかさ」ではなく「フォーマル感」を求められます。

とはいっても「地味過ぎず」でも「華やか過ぎず」の具合が難しいですよね……。

次の章では、親族の中でも立場に合わせた正しい結婚式の服装の選び方を解説していきます。

正しい結婚式の服装の選び方〜両親編〜

まずは親族の中でも、ゲストをもてなす最も重要な役割を担う両親の服装についてご紹介します。

両親が結婚式の服装を選ぶときには2つのポイントを意識する

両親の立場として結婚式に参列するなら、服装選びの前に押さえておくべきポイントは2つです。

結婚式場の格に合わせる

結婚式場の格式によって、適した服装が異なります。

格式高いホテルで行われるホテルウェディング、星付きレストランでのレストランウェディングなら、最も格式の高い正礼装で間違いありません。

一方近年定番になりつつあるゲストハウスウェディングや、星付きではないレストランウェディング、結婚式を専門で受けている専門式場での結婚式の場合は、礼服でも問題ありません。

ただし結婚式場の格式がわからない場合は、正礼装で望む方が懸命でしょう。

服装の格は両家で統一する

結婚式に参列するときの服装は、両家両親で統一しておく方が望ましいです。

結婚式の中で、両家両親が並ぶシーンは意外と多くあります。

例えば親族紹介や、披露宴最後の両家代表謝辞のシーンなど。

その際に両家両親の服装の格が違ってしまうと結婚式に対する意識の差とも捉えられかねず、あまり見栄えの良いものでもありません。

「正礼装なのか、礼服なのか」また、母親の立場であれば「留袖なのか、洋装なのか」は両家で服装を準備する前にしっかり話し合っておきましょう。

父親|一番多く結婚式で見られる服装は「モーニング」

私がゲストハウスやレストラン、ホテルでプランナーをしていたとき、ほとんどの結婚式ではお父様はモーニングを着用されていました。

結婚式の中では、お父様の出番は何度か重要なシーンであります。

例えば新婦の父親であれば、挙式の際バージンロードを新婦さまと歩いたりしますね。

新郎の父親なら披露宴最後の両家代表謝辞でスポットの当たる中ゲストの前で謝辞を述べるシーンがあります。

このように、公の場に立つことが多い両家のお父様。

余程カジュアルな結婚式(会費制の結婚式や、ビュッフェスタイルのレストランウェディングなど)でない限りはモーニングを選んでおいて間違いはありません。

母親|定番は留袖。ただし「和装ではなく洋装にして」とリクエストがあることも

結婚式に出席する母親の服装、定番は留袖です。

留袖の中でも柄は様々あり「新郎新婦の母」に適した落ち着いた雰囲気の中にも格式を感じられる絵柄があります。

結婚式のために留袖を新調したり、レンタルする場合には結婚式に出席する立場が母親であることを申し出るようにしましょう。

専任のスタッフが母親という立場にある絵柄をチョイスしてくれます。

ただ近年結婚式も様々な形に変わりつつあり、以前は当然でもあった「結婚式に出席する母親の服装は留袖」という定番にも変化が見えています。

留袖などの和装は新郎新婦世代には「かしこまった雰囲気」と捉えられがちのようです。

新郎新婦によっては「そんなかしこまらなくても良いのに」という声があがる場合も少なくありません。

そのため母親の服装を決めるときには、両家の母だけで相談するのではなく、新郎新婦の意見も参考にしながら家族みんなで相談するようにしてあげてください。

洋装になった場合には、ダークカラー(出来れば黒が望ましい)のワンピースを。

ただし真っ黒なワンピースだけでは、暗過ぎる印象になってしまうため、胸元には明るい色目のコサージュや、パール系のアクセサリーで明るくフォーマルな印象になるように心掛けてください。

もちろんパンストは黒ではなく肌色で。光沢のあるパンプスなどもおすすめです。

スポンサーリンク



正しい結婚式の服装の選び方~兄弟姉妹編~

新郎新婦と同世代になる兄弟姉妹の参列。

とはいえ、友人関係で結婚式に出席する訳ではないので、ここもマナーをおさえた服装選びが必要になります。

結婚式に兄弟姉妹として出席するときの服装は、ベーシックカラーを心掛ける

兄弟姉妹関係で結婚式に出席する場合、一番気を付けておきたいのは服装の色目。

ベーシックな色を選ぶようにしましょう。

特に女性は新婦と色が被らないように注意しておきたいところ。ベーシックな色でもベージュやグリーン、ネイビーなどはカラードレスで人気カラーです。

結婚式に着ていく服装を購入する前に、必ずカラードレスの色は確認しておいてください!

兄弟|基本は礼服(ブラックスーツ)。でも年齢によっては違う選択肢もアリ

結婚式に参列する兄弟の場合、ほとんどが礼服(ブラックスーツ)を選ばれています。

スーツの中は白シャツに白ネクタイが基本的な装い。

ただし兄弟であっても未婚で、年齢も20代前半から中盤ならネイビーやダークグレーなどのダークスーツでもOK。

ただし色シャツや柄モノのネクタイはゲスト寄りの装いになってしまうため避けるべきアイテムです。

ダークスーツの中は、白シャツとベーシックな色味のネクタイで合わせるようにしましょう。

いずれも織柄程度ならマナーの範囲内です。

姉妹|和装なら留袖か振袖。洋装ならワンピースがおすすめ

姉妹の立場で結婚式に出席する場合、服装は「和装」か「洋装」の選択肢があります。

まず和装の場合、既婚者なら留袖(黒留袖か色留袖)がマナー。未婚の場合には振袖を着る場合も。

そして洋装の場合は、ベーシックカラーのワンピースがおすすめです。

そこで気を付けておきたいことは、露出の程度です。

袖のあるワンピースか、ノースリーブタイプならボレロやカーディガンで出来るだけ露出を控えるようにしてください。

また地味になり過ぎないように、アクセサリーや小物で華やかさはそっと添えてもOK。

パール系のアクセサリー、控えめだけど華やかさのあるヘッドドレスもおすすめですよ。

正しい結婚式の服装の選び方~伯父(叔父)・伯母(叔母)編~

新郎新婦の伯父(叔父)や伯母(叔母)の立場で出席する場合、多くは礼服で問題ありません。

伯父(叔父)|シンプルに礼服(ブラックスーツ)で

結婚式に伯父の立場で出席する場合は、ほとんどの人が礼服で出席されます。

シャツは白を。そしてネクタイに関しては、白が基本ですが、年齢や好みに合わせてシルバーや白銀ストライプなどでもOK。

靴は黒の革靴を選んでください。

伯母(叔母)|母親の服装にも配慮しながら選ぶ

結婚式に伯母として出席する場合、一番多い服装は母親と同様に留袖です。

ただし、ここで注意しておきたいのが、伯母が母親よりも品格の高い服装にならないようにすること。

洋装よりも和装の方が品格は高くなります。

もし母親がワンピースを着る予定にしているとします。

その場合には、伯母(叔母)としてし母親よりも品格の高くなる留袖で出席するのは避け、洋装で出席するように注意してください。

スポンサーリンク

正しい結婚式の服装の選び方~親族関係にある子ども編~

結婚式の服装は大人も迷いますが、子どもの服装選びに頭を抱えてしまう親御さんも少なくありません。

そこでヒントになるのが「制服があるか否か」です。

もし制服のある学校であれば、子どもにとって制服が礼服にあたるため、結婚式に制服で出席して間違いはありません。

また制服が無い場合や、制服以外の服装を着せたい場合は…

  • 男の子:襟付きの白シャツにベスト+パンツ
  • 女の子:ワンピース

上記服装がマナーとなっています。

ただし未就学の子どもゲストの場合には、フラワーガールやリングボーイなど大役を任されている場合も。

そんなときには、親族という立場であっても思いっきりオシャレをさせてあげてもマナー違反にはなりません。

むしろ新郎新婦と並び歩く事を考えると、相応しい華やかさを考えた上で服装選びがポイントに。

男の子であればタキシード、女の子ならミニドレスを着せてあげても問題ありません。

衣装については新郎新婦がレンタルするドレスショップにも子ども衣装を扱っている場合もあります。

またネットでも「子ども ドレス レンタル」で検索すれば1,000円〜3,000円程度の料金でレンタルすることも出来ます。

せっかくの結婚式出席なので、これを機にお子様を小さな王子様やお姫様にしてあげてください。

【結婚式の服装】親族として出席するときに知っておいた方が良いマメ知識

結婚式の服装を考えるときに是非合わせて知っておいていただきたいのが、準備の方法です。

ここでは結婚式の服装をレンタルする方法や、手配の仕方、着付けやヘアセットの手配方法をご紹介します。

結婚式の服装は、購入ではなくレンタルという手もあり

結婚式に親族として出席するための相応しい服装を持っていない場合は、新たに準備すると相当の費用負担になります。

そこで、おすすめはレンタルするという方法。

新郎新婦の衣装を扱っているドレスショップの多くは、合わせて参列者向けのレンタル衣装を取り扱っていることがあります。

留袖やすぐサイズの変わってしまうお子様ドレスなどは特にレンタルがおすすめです。

結婚式の服をレンタルしたい旨、新郎新婦へ伝えてドレスショップの場所や連絡先を教えてもらってください。

また気になる費用の負担方法に関してですが、自分からレンタルを申し出ている場合には、基本的に自己負担を前提とします。

しかしもし新郎新婦や両親から「留袖で出席して欲しい」などと申し出があった場合には、費用の負担は応相談となるでしょう。

着付けやヘアセットの手配は新郎新婦に確認を

親族の女性が着物で出席するとなった場合、合わせて着付けやヘアセットの手配も必要になりますね。

朝早い結婚式の場合には、いつも行っている美容室が開いてない場合や、早朝料金を取られてしまうことも……。

そのため結婚式に出席するときの着付けは、結婚式場で予約をすることをおすすめします。

ただし結婚式場の着付けに関しては、事前に必ず予約が必要です。

結婚式の着付けやヘアセットは結婚式の開始時間というタイムリミットがあるため、それに合わせて予約を受けて付けています。

またゲストハウスやレストランウェディングの場合には、事前に着付けの注文があった数に合わせて着付師やヘアメイクのスタッフを準備しタイムスケジュールも組んでいます。

そのため「それ以外は受けられない」となるのが一般的です。

だから予約は必須となるのです。

まとめ

結婚式に親族として出席する場合の服装についてご紹介しました。

改めて親族として結婚式に出席するなら注意しておくべきポイントをまとめると……

  • 親族はゲストではなく、おもてなしする側の立場であるため「華やか」ではなく「フォーマル感」が重要
  • 親族でも、新郎新婦との間柄によって着るべき服装は異なる
  • 色や柄は出来るだけ控え、小物をアクセントにする
  • 購入だけではなくレンタルという手段もある

大切な身内の結婚式は、親族として正しい服装マナーで出席してあげられるように備えておきましょう!


スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hiroko

結婚式場でプランナーを10年、その前は婚活パーティーのMCのお仕事もしつつ沢山の“幸せのお手伝い”をしてきました。 幸せへの道程はひとそれぞれ。皆さんが自分らしく幸せへ一歩ずつ進むことが出来るよう、これまでの経験を活かしてプロの目線から本当に役立つ情報をお届けします!

-結婚式・披露宴

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.