出会い・婚活

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

投稿日:

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

20代の頃は合コンの誘いや、サークルに参加する機会も多くあったのに、30代になると、とたんに少なくなり、出会いの場が少なくなったと感じていませんか?まわりの友人は20代で結婚し、婚活を終了している人が多い中、なんとなく日々のワークをこなしているだけでは、新しい出会いは生まれないでしょう。今、婚活のスタイルは多様化し、種類も豊富です。興味あるものへ、積極的に参加してみませんか?では、すぐに始められる婚活の種類をご紹介します。

30代からの出会いの場は、自分で作ってみませんか?

世間で婚活が一番盛んな年代は20代。30代に入ると活動は落ち着いてきます。30代で出会いの場を求めるのなら受身より、積極的に動いていった方がより素敵な人と出会いやすくなるのではないでしょうか?婚活は苦手と思っている人も、数ある婚活の種類の中から、出会いやすいタイプをを選んでみませんか?

仲介形とマッチング型の垣根がなくなりつつある「結婚相談所」

パソコンのない時代の、昭和中期からからある結婚相談所。仲介型は、カウンセラーが将来を見通して、お互いに最適な人を見つけ出し、その後も成婚の後押しをしてくれるという、いたれりつくせりのシステムです。一方、マッチング型は、プロフィールや希望のタイプを記入し、そのデータのみをもとに、相談所から紹介だけはしてもらえるというもの。その後のサポートはなく、あくまで男女の努力によって結婚までたどり着くというものでした。
しかし、婚活業界の競争が激化し、各社がサービスを争うようになったため、この仲介型とマッチング型の垣根がなくなりつつある状態のようです。仲介型も属性のデータ化や、アルゴリズム(算法)を用いるようになり、また、マッチング型もお見合い成立まで、サポートするところが増えてきています。
この結婚相談所は、費用も高く登録者の数も限られますが、その分、真剣な人が多いという利点があります。費用も、割引プランを利用するとかなり安くなるので、検討してみてもよいかもしれません。
参考:サービス・料金プラン!すべてが常識破りの「結婚情報サービス」です♪

ゼクシィ縁結びカウンター
youbrode

バス旅行でお見合い!「婚活ツアー」

バスツアーと婚活を合体させた、小旅行でのお見合いです。パーティー形式と大きく違うところは、一日中いっしょに行動するので、話す時間が長いという点。従来のパーティー形式では、長くても一人2~3分と限られているので、積極的に自己アピールできる人はいいのですが、奥手な人は、今ひとつ収穫を得られないまま終わってしまうことになりますよね。
このバスツアーなら移動中も現地でも、ずっといっしょなので、じっくり話すことができ、連帯感も生まれやすくなります。パーティー形式が苦手な人には、よい出会いの場の一つとなるかもしれません。種類も豊富で、趣味別、年齢別、離婚歴あり限定、シニア、などいろいろあるので、おもしろそうなところへ、気軽に参加してみてはいかがでしょうか?

コスパ充実&時間短縮!「婚活サイト・アプリ」

今や、インターネット検索を出会いのきっかけとすることは、珍しいことではなくなりつつあります。ぜひ積極的に使い、より多くの人と出会いたいところですが、数々のサイトがあり、どれに登録していいか迷ってしまいますよね。
出会い系もどきと、婚活サイトの大きな違いは、身分証明書などでの本人確認がされているか、されていないかという点です。本人確認の必要がない、出会い系類は結婚目的の人は少なく、あくまで遊び目的が多いかもしれません。一方、本人確認が義務づけられ、費用も高めの婚活サイトは、真剣なお付き合いを希望されている人が多いでしょう。うまく使い分けて、結婚への人脈を広げるのもよいかもしれません。
参考:出会いたいけど相談所に行く暇がない方へ/ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結び
マッチ・ドットコム

社交上手にはおすすめ!「婚活パーティー」

お見合いパーティーとも呼ばれています。個室タイプとワンフロアタイプがありますが、どちらも男性が女性の席を回り、2~3分間話をするというもの。最後に紙に気に入った人を書き、カップルが成立すれば紹介されるという形です。少ない時間で、効率よく多くの人と対面できるという点では、一番の形式でしょう。
人見知りで、このタイプの婚活が苦手な人もいますが、対面で人と合うことでしか感じられない部分もあるので、気軽なゲーム感覚で参加してみるのもよいかも知れません。
参考:20代後半、30代中心のお見合いパーティー☆

ゼクシィ縁結びPARTY
婚活パーティーならparty★party

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

自治体の少子化対策!「地方自治体婚活支援プロジェクト」

各自治体が少子化対策で行っている、婚活企画です。今や少子高齢化は、国や自治体の重大問題。公費を費やしてでも、新しい出会い、結婚への導き、出生率を上げたいところなのでしょう。費用も安く、参加無料のものもあります。
欠点は、参加者、登録者が少ないという点。いつも同じ顔ぶれ、合わないメンバー同士が毎回会い続けても、進展はないでしょう。また、主催者も自治体の職員、プロではないので成婚への後押しは難しいでしょう。地元限定で探したいという人にとっては、ありがたい婚活ですね。

農業青年と出会える!「農婚」

農家の嫁不足を解消するための婚活企画です。自分が農業にかかわっていないと、なかなか農業青年との出会いは得られないですよね。自分には関係ない世界と決め付けないで、旅行のつもりで出てみてはいかがでしょうか?今、農業の世界は過渡期で、自分で育てて、自分で売るというものに変わりつつあります。素敵な青年実業家に出会えるかもしれませんよ。

新しいタイプの婚活

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

無駄な時間と費用を徹底排除!お見合いと街コンのいいとこどり「紹介コン」

結婚支援協会で、2010年から始まったお見合いシステムを、2014年に新しく「紹介婚」と変更したものです。
基本的には紹介制度ですが、結婚相談所に比べて、かなり時間短縮でき、低予算に活動できるタイプの婚活です。登録したプロフィールは、婚活サイトや婚活アプリのように誰でも見られるものではなく、プロの紹介者が相性の合いそうな人を探し出し、一人ずつに紹介していくための資料として使われます。
お相手が決まれば、紹介者が個人のパソコンや携帯に、データ添付の情報を送ってくれるというシステムのため、手間要らずです。これなら、仕事が忙しい人も気軽に申し込めますね。手間のかかるパーティーに出席したけど、相性の合う相手に出会えなかった、ということをくり返さなくてすみます。
このやり方だと、あてもなく検索し、時間を費やしていく、インターネット上の婚活とは違い、プロの紹介者が、合う人を短時間で選び出してくれるので、効率はかなりいいです。その上、時代にあった低予算なので、相手を紹介して欲しい人にとっては、よい婚活のひとつとなるでしょう。

おいしいものを食べながら婚活!「晩餐会」「相席カフェ」

参加者が、食事や、お茶をしながら気軽にお話するという婚活。通称、晩餐会は食事を、相席カフェはケーキなどのスウィーツを食べながらのお相手探しです。相席カフェでは、数十分ごとに男性が女性の席へと移動するというスタイル。男性がまわるという点は、従来のパーティーの方法を受け継いでいますね。相性が合い、お互いに了承すれば、連絡先を交換します。おいしいものを食べると、話も弾み、早く打ち解けられるかもしれませんね。

街コン用
同窓会フェス用

赤ちゃんをあやして育児体験!イクメン度チェックもできる「赤ちゃんコン」 

参加した男女が、いくつかのグループに分かれ、その中に赤ちゃんと母親が一組ずつ参加するという形式の婚活。交替で赤ちゃんを抱っこしたり、あやしたり、着替えさせたりして、家族を肌で感じることができます。赤ちゃんを抱っこする女性を見て、早く家庭をもちたいと思う男性も多く、そのせいか、通常のパーティーよりカップリング率は高めということです。将来、育児参加してくれそうな男性を見つけられるかもしれません。

共通の趣味の人との出会いなら「趣味コン」

同じ趣味の人との、共通の話題が約束されているので、参加したけど話すことがなかったということはありません。内容は、ランニングコン、読書コン、猫コン、オタクコン、ラーメンコン、各種スポーツコンなど、様々開催されています。メリットは、年齢を超えて、話題もつきることなく、たくさんの人と短時間に打ち解けられることですが、反面、よい友達になりすぎて、男女関係には発展しにくいというところがあります。あまりに熱烈な趣味のパーティーへの参加より、軽い興味の趣味コンへの参加をおすすめします。

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

社会奉仕で理解し合える「ボランティアコン」

自己紹介の後、すぐにゴミ広いなどの、ボランティアが開始されます。会話よりも、ボランティアへの姿勢を見るという婚活。一生懸命ボランティア活動に打ち込む姿で、自然と相手の人柄が見えてくるかもしれません。会話しなくても、間が持ちますが、運営団体のサポートもあるので、自然と交流もできることでしょう。会話より、ひたむきな奉仕の姿を見たいという方は、おすすめの婚活です。

お坊さんが運営する「寺社コン」

お寺や寺社で行われる婚活です。「吉縁会」という全国にある臨済宗妙心寺派の中の、1000以上の寺院が協力し、運営しているものです。全国の寺社好きな様々な人が参加できるので、規模の小さい、地域のお寺の会とは違います。費用も安く、入会費や年会費、成婚費などはありません。内容は、お寺や神社で、座禅、写経、精進料理、お払い、祈祷などの体験をみんなで体験し、その中で男女が打ち解けていくというものです。
30代以上の大人が多いため、落ち着いた雰囲気なので、20代中心の婚活は参加しにくいと思う人は、狙い目かもしれません。また、お坊さんとの婚活も開催されているので、寺社に嫁いでもいいという人はよいチャンスになるでしょう。
参考:お寺で婚活「吉縁会」

童心に帰って「鬼ごっこコン」

その名の通り、鬼ごっこをしながら男女の親睦を深めていくという婚活です。専門のインストラクターが、丁寧に指導してくれるので、レクレーション感覚で参加できるでしょう。また、自然な形でボディタッチできるので、急速に進展することも考えられます。子どもの頃に遊んだ鬼ごっこで童心に帰り、すぐにお互い打ち解けられるかもしれません。
参考:鬼ごっこ婚活 @鬼ごっこ協会

泣きの感性が同じ人を見つける「涙コン(るいこん)」

泣ける話や、動画、歌をいっしょに体験し、グループでお互いの泣きのツボを発表しあうという婚活です。泣きの感性が同じ男女はうまく行きやすい、という考えから生まれたというこの企画、パーティー中、ずっと泣けるプログラムが続き、感動はたえません。泣けた動画ごとにテーブルを分けられ、自己紹介のあと泣きの話で盛り上がります。
言葉のやりとりより、感性を共有できる人を見つけたい、という人にはおすすめの婚活かもしれません。

男性の輝く姿をみられる「キラコン」

女性にとって、男性がきらきら輝いて見える瞬間を作っていこう、という、新しい形の婚活パーティー。会場はおしゃれなカフェやレストランで、服装はカジュアルでOK。これまでの婚活パーティーとの違いは、一対一の対面方式ではなく、ひとつのテーマのもとに、みんなで打ち解けていくということです。趣味や、スポーツはもちろん、お料理パーティー、ビール工場見学、モーニングカフェ、占い、など様々なテーマのあるイベントの中で、男性の魅力を、女性にアピールしていくというものですね。
短時間で男性の魅力を見つけ出すのは難しいことでしょう。その点では、この、きら婚に参加してみる価値はあるかもしれません。時間短縮して、男性の魅力を見たい人にとってはよい婚活となるでしょう。

婚活はどんどん進化しています

30代からの出会いの場は?自分できっかけを作る方法

これまでの婚活のイメージは、「なにをやっているのかよくわからない」「あやしいそう」「婚活に来る男の人ってどんな人?」と、マイナスイメージもありました。でも新しい婚活は、まわりにオープンな形で開催されるものが多く、内容もあらかじめわかっています。ゲーム感覚で参加できる楽しいものが多いので、お見合い形式では見られない相手の一面を知ることができるかもしれません。

興味のある婚活に、まずは参加してみませんか?

従来の婚活が苦手と感じる人は、新しい婚活で出会いのきっかけをつくってみてはいかがでしょうか?どういう形で知り合おうが、出会いは出会いです。日々のワークの息抜きとして、参加してみるのもよいかもしれません。30代の出会いは自分から積極的に作っていきませんか?

まとめ

婚活の種類を簡単にご紹介しました。色々種類があって迷うところですよね。最近は、趣味などを通じて、お互いの普段の様子を知ることができる婚活が増えています。自分が参加しやすいと感じるものに出てみてはいかがでしょうか?出会いのきっかけ作りは自分で探してみませんか?

ゼクシィ縁結び
マッチ・ドットコム
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

salt4h

結婚生活20年をすぎた女性です。 男女の仲は、りんごのようにスパッと割り切れるものではなく、割り切ろうとした瞬間にくずれてしまう、柔らかく熟した果物のようです。熟した果実は、切り分けずにそのまま一口で食べるのがおいしい食べ方なのではないでしょうか。何年たっても男女間はわからないことだらけです。 日々、見聞き感じたことを、文字でお伝えできればと思っています。

-出会い・婚活

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.