結婚準備

プロポーズから結婚までの流れの中で男性が押さえておくべき項目をチェック!

更新日:

今この記事を読んでいる男性の中に、「今プロポーズして成功するか不安だ。」「結婚したいと思っているけど、いつどのようにプロポーズすれば良いか分からない。」などと考えている人はいませんか?

プロポーズは、男性にとって人生の中で最も緊張する行事の1つです。

また、女性にとっては、一度は受けてみたい憧れの行事でもあります。

それを考えると、男性としては絶対に失敗したくないところです。

両親への挨拶も同様です。

今回は、プロポーズから結婚までの流れの中で、男性が押さえておくべき項目をチェックしていきます。

プロポーズを成功させる方法や、両親への挨拶に行く際に守るべきマナーなどを中心に解説していきます。

男性の皆さんは、是非この記事を参考にして、プロポーズから結婚までで押さえておくべきポイントを確認しておいてください。


スポンサーリンク

男性なら知っておきたい!プロポーズを成功させる方法

Pexels / Pixabay

ここでは、男性なら誰もが知っておきたいプロポーズを成功させる方法を紹介します。

これからプロポーズしようと考えている男性や、過去にプロポーズで失敗経験のある男性は是非チェックしておいてください。

プロポーズのタイミング

プロポーズを成功させるうえで、プロポーズのタイミングは非常に重要になります。

付き合いが長ければ長いほど、このプロポーズのタイミングに悩んでしまいがちです。

おすすめのプロポーズのタイミング、1つ目は誕生日やクリスマスです。

誕生日は誰にとっても、この世に生まれてきた特別な日です。

自分が生まれてきた誕生日という記念日にプロポーズされて、嬉しくない女性はいません。

クリスマスに関しても、クリスマスプレゼントという欠かせないものと一緒にプロポーズすると、女性はこれ以上ない幸せを感じることができます。

おすすめのプロポーズのタイミング、2つ目は、付き合い始めた記念日です。

2人が付き合い始めた日にプロポーズするのは、非常に良いタイミングです。

さらに、交際がスタートした思い出の場所があれば、そこでプロポーズするとより良いプロポーズになります。

おすすめのプロポーズのタイミング、3つ目は出会った記念日です。

2人が出会った日や場所は、意外にも忘れてしまいがちです。

それを覚えてくれているだけでも女性は嬉しいですし、そんな場所でプロポーズを受けることができるのは、まさに女性の憧れともいえます。

やってはいけないプロポーズ

これから紹介するプロポーズは、やってはいけないプロポーズです。

失敗につながってしまう可能性が高いので、以下のようなプロポーズはしないようにしましょう。

1つ目は、授かり婚でのプロポーズです。

好きな人との間に子供を授かることは、決して悪いことではありません。

しかし、子供ができたからという理由だけでプロポーズして結婚するのは、事務的な印象を持たざるを得ません。

2人でしっかりとした計画を立てたうえで子供を授かり、彼女との将来をしっかり考えているということが伝わりやすいようにしましょう。

2つ目は、渋々プロポーズです。

煮え切らない彼の態度にしびれを切らした彼女に迫られてプロポーズしたという形になってしまうと、結婚に対して憧れを抱いている女性にとってはがっかりするプロポーズとなってしまう可能性があります。

渋々プロポーズするということにならないように、彼女への思いを自分の口からしっかり伝えるようにしましょう。

3つ目は、電話やメールでのプロポーズです。

断られてしまうかもしれないという不安や恥ずかしいという思いから、プロポーズを電話やメールで済ませてしまうのはNGです。

プロポーズは、例え遠距離恋愛であっても、人生の中でお互いに生涯の伴侶を決めるために重大な決断をするときです。

目を見てしっかり気持ちを伝える努力をしましょう。

4つ目は、そもそもプロポーズをしないという方法です。

プロポーズなしで結婚するなど、もってのほかです。

最近のカップルには、プロポーズしなくても分かるだろうと言わんばかりに、気が付いたら結婚式や新婚生活の準備を始めていたというケースが少なくありません。

お互いの気持ちにメリハリをつけるためにも、プロポーズは必ず行うようにしましょう。

おすすめのプロポーズスタイル

現在は、プロポーズが素晴らしいものになるよう、サポートサービスを提供してくれる企業がたくさん出てきています。

そのため、プロポーズにも様々なスタイルが出始めています。

今回はその中から、3つのおすすめプロポーズスタイルを紹介します。

1つ目は、大勢の人の前で立ち膝をついてのプロポーズスタイルです。

公園や2人にとって思い出のレストラン、夜景の綺麗なレストランなど人が大勢いる場所で、立ち膝をついてストレートにプロポーズするスタイルです。

大勢の人がいる中でのプロポーズは、彼女の心にも強く響きます。

2つ目は、サプライズプロポーズスタイルです。

高級レストランでのディナーの後宿泊サプライズとともにプロポーズしたり、フラッシュモブなどでサプライズしつつ楽しんでもらえるようなプロポーズをしたりすると、彼女に喜んでもらえること間違いなしです。

3つ目は、両親のサイン入り婚姻届をプレゼントするプロポーズスタイルです。

今すぐにでも結婚したいと考えている彼女がいる場合におすすめのプロポーズスタイルです。

彼女より先に両親に結婚の意思があることを伝える必要があるため、非常に思い切ったプロポーズスタイルではありますが、こちらも彼女に喜んでもらえること間違いなしです。

プロポーズするのにおすすめの場所

Tama66 / Pixabay

2人に合った場所でプロポーズするのもポイントとなります。

プロポーズするのにおすすめの場所、1つ目は教会です。

教会には、礼拝堂を貸し切ることができるサービスがあります。

これはあまり知られていないサービスなので、神聖な教会を貸し切ってプロポーズすると非常にロマンチックなプロポーズになります。

プロポーズするのにおすすめの場所、2つ目は公園です。

公園には様々な年齢層の人がいるため、将来2人で作り上げる家庭をイメージする場所には非常にピッタリです。

自然が好きなカップルにもおすすめの場所となります。

プロポーズするのにおすすめの場所、3つ目は夜景の綺麗な場所です。

プロポーズの定番ともいえるロマンチックな場所といえば、やはり夜景の綺麗な場所です。

プロポーズする場所に迷っている人がいれば、夜景の綺麗な場所を選びましょう。

それでまずは一安心です。

プロポーズを成功に近付ける魔法の言葉

実は、プロポーズを成功に近付ける魔法の言葉があります。

皆さんはご存知でしたか?プロポーズの言葉に迷っている人がいれば、是非この魔法の言葉を使ってみてください。

1つ目は、「おじいちゃん、おばあちゃんになってもずっと隣にいてください。」です。

ストレートなプロポーズとは言い切れませんが、女性の母性本能をくすぐる言葉となっています。

このプロポーズを受けた女性は、これからもお互いに守っていきたい、不器用なこの人と一緒にいてあげたいという気持ちになってくれることでしょう。

2つ目は、「僕と結婚してください。」です。

女性は、気持ちをストレートに伝えられることが1番嬉しいです。

目を見ながらこの言葉を言われて、断る女性はいないでしょう。

3つ目は、「毎朝僕にお味噌汁を作らせてくれませんか?」です。

仕事が忙しい彼女にとっては嬉しいプロポーズです。

優しさも詰まっていますし、料理好きの男性から姉さん女房へのプロポーズとしても最適です。

4つ目は、「苗字、お揃いにしない?」です。

何気ない会話の中でサラッとこの言葉を言われると、女性はドキッとしてしまうのではないでしょうか?

スポンサーリンク



両親への挨拶に行く際に守るべきマナー

男性にとってプロポーズと同じくらい緊張する行事が、両親への挨拶です。

緊張のあまり動揺して失敗してしまうことがないように、これから解説するマナーをしっかり押さえて臨むようにしましょう。

携帯はマナーモードに、コートは玄関の前で脱いでおく

携帯は必ずマナーモードに設定しておきます。

また、冬場でコートを着ている場合は、玄関の前で脱いでおきましょう。

玄関先では、まずドアをきちんと閉めます。

その後女性が男性を紹介するという流れになるので、「お忙しいところ、お時間をいただきありがとうございます。」などといった簡単な挨拶をしてください。

「どうぞ」と言われてから上がる、靴は自分で揃える

何も言われていないのに勝手に家に上がってはいけません。

「どうぞ」と言われてから上がるようにします。

靴は自分できちんと揃えておきましょう。

部屋に通されたら、必ず下座に座るようにしてください。

最初は座布団を使わず正座で待ちます。

椅子の場合は着席して待ちます。

両親が揃ったら正座のまま、または椅子から起立して改めて一礼します。

「どうぞ」とすすめられてから座布団を使う、椅子の場合は着席する

一礼した後、「どうぞ」とすすめられてから座布団を使うようにします。

椅子の場合はそのまま着席しましょう。

このタイミングで、一言言葉を添えて手土産をお父様に渡してください。

スポンサーリンク

自分の両親に報告する際に押さえておくべきポイント

彼女の両親に挨拶に行く前に、まず自分の両親に結婚の報告をする必要があります。

自分の両親なので比較的報告するのは簡単ですが、両親はあなたほど相手のことを良く知りません。

そのため、両親が知りたいと思っている情報をしっかり伝えておくことがポイントになります。

両親が知りたいと思っている情報として多いのは、名前や年齢、学歴、家族構成、交友関係、出身地、職業など相手自身に関すること、交際期間や出会い、馴れ初めなど2人の関係に関すること、住んでいる場所や分かる範囲で職業など相手の家族に関することです。

両親が相手に求めることは、自分の大切な子供を託せるか、ちゃんと幸せにしてくれるかの2点です。

両親が不安な気持ちにならないようにするためにも、相手について知りたいと思っている情報にできるだけ答えられるようにしておきましょう。

そうすると、両親も安心して結婚を認めてくれます。

まとめ

プロポーズから結婚までの流れの中で、男性が押さえておくべき項目をチェックしてきましたが、参考になりましたか?

それでは最後に、今回の記事の内容をまとめておくので、改めておさらいしておきましょう。

  • プロポーズのタイミングは、誕生日やクリスマス、付き合い始めた記念日、出会った記念日などがおすすめ。
  • やってはいけないプロポーズには、授かり婚でのプロポーズ、渋々プロポーズ、電話やメールでのプロポーズなどがある。
    そもそもプロポーズをしないというのもNG。
  • おすすめのプロポーズスタイルには、大勢の人の前で立ち膝をついてのプロポーズスタイル、サプライズプロポーズスタイル、両親のサイン入り婚姻届をプレゼントするプロポーズスタイルなどがある。
  • プロポーズするのにおすすめの場所には、教会、公園、夜景の綺麗な場所などがある。
  • プロポーズを成功に近付ける魔法の言葉として、「おじいちゃん、おばあちゃんになってもずっと隣にいてください。」「僕と結婚してください。」「毎朝僕にお味噌汁を作らせてくれませんか?」「苗字、お揃いにしない?」などがある。
  • 両親への挨拶に行く際に守るべきマナーには、「形態はマナーモードに、コートは玄関の前で脱いでおく」「どうぞと言われてから上がる、靴は自分で揃える」「どうぞとすすめられてから座布団を使う、椅子の場合は着席する」などがある。
  • 自分の両親に結婚の報告をする際は、相手に関することや2人に関すること、相手の家族に関することなど、両親が知りたいと思っている情報をできるだけ伝えられるようにする。

プロポーズから結婚までの流れの中で、プロポーズと両親への挨拶は男性が率先して行っていくべきことに該当してきます。

普段行わないことなので、どうすれば良いか分からなくなってしまうのは仕方ないことです。

しかし、ここでしっかりした姿を見せることができれば、彼女からも両親からも信頼される男性になることができます。

是非今回のこの記事を参考にして、万全の状態で結婚準備を進められるようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.