体験談 出会い・婚活

パパ活のやり方を間違えると犯罪になるけど大丈夫?

更新日:

パパ活のやり方を間違えると犯罪になるけど大丈夫?

「あーお金ないなぁと思って、みんなのマネしてツイッターで #パパ活募集 したのが最初でした。」

24歳でフルタイムの事務職として都内に務めるミキさん(仮)に話を聞きました。ミキさんの会社員としての月収は手取りで21万円ほど。高校を出て鳥取から上京、総武線沿線で一人暮らしをしている。ワンルームのマンションで家賃は管理費込み72,000円。生活にそれほど困っているというわけでもないが、欲しいものが好きに買えるだけの余裕もない。と言っても、いわゆる「援助交際」をする勇気はなかったし、昼間の仕事のあとにキャバクラで働いて稼ぐというまでのガッツもなかったとのこと。

「なにか楽して稼ぐ方法はないか…」

とスマホでいろいろ見ていると、「パパ活」というキーワードを目にした。

「最初は援交のことを言ってるんだと思ってました。でも、調べてみると、ご飯食べにいくだけでお金がもらえると知って、これだ!って思いました笑」

今はそう笑って話しているミキさんだが、「怖い」と思う目にもあったことがあると語る。

「みんながやっているように私もツイートしてみたら、すっごい数のDMが来たんですね。それで、あんまがっついてないなって思える人と会ってみることにしました。その時は、軽くお茶して1時間くらい話して終わりました。それで渡された封筒に5千円入ってたんです。」

こんな美味しい話が本当にあるんだ!と思ったミキさん。最初の相手とはその1回きりで連絡が途絶えてしまったようだが、味をしめたミキさんは、その後も新たな相手を物色し、何人かと会った。お茶だけで終わる人もいれば、焼肉を食べに行ったり、サービスでカラオケに行ったりすることもあったそう。

週に何回か会う相手もでき、パパ活にも慣れてくると、仕事にいくのがバカらしく思えてくるくらい、お手当も増えていった。慣れてくると単価も徐々に上げていき、1回1時間会うだけで5,000円もらえるようになった。おしゃれに興味があったミキさんは、欲しい洋服も買えるようになり、オシャレして撮った写真をインスタにアップするのが日課になっていた。ついつい楽しいことに夢中になり、脇も甘くなっていたのだろう。そんなある日に、事件は起きた。

「2、3回会っていた人だったので、すっかり安心しちゃってましたね…。」

新しいコートが欲しかったミキさんは、パパに買ってもらおうと思って買い物に連れて行ってもらった。車で郊外のアウトレットモールへ行き、コートだけじゃなく、いろいろ買ってもらったそう。買い物が終わってランチもすませたあと、ちょっとドライブしてバイバイかなと思っていたら、車はラブホテルの敷地内に入った。

「え?そういうのはナシなんだけど?って言ったら、『だいぶ買ってあげたでしょ?お礼にキスくらいしてよ』って無理やり抱き寄せられてキスされそうになったんです。」

慣れで油断してしまっていたこともあり、車という密室に二人っきりになったことで、危険な目にあった。

「とにかく必死に抵抗したらすっごい怒鳴られて。ヤバイって思ったんだけど、あまりにしつこいからこっちもキレたら、『降りろ!』って。いや、ここどこよ?ってところで放り出されちゃいました…。」

この一件で、これまでは運がよかっただけで、やっぱり男の目的はそういうことだよなと悟ったミキさん。事件に巻き込まれるかもしれないという危険を犯してたんだと実感し、怖くなり、サイトのアカウントも消してしまった。

このお話はフィクションです。ですが…

今お伝えしたミキさんのお話は完全に作り話です。ですが、実際にこのような危険な目にあっている女性は少なくありません。実際に事件も起きています。いくら体の関係はないとはいえ、彼女がパパ活をしていることに腹を立てた彼氏が、彼女を刺殺してしまうという事件もありました。
(参考:新潟の女性刺殺事件 女性のパパ活に激怒か…SNSでプライベート暴露も

「簡単にお金が稼げるなら…」と安易にパパ活を始めようと思っているあなたのために、「正しいパパ活とは?」、「パパ活の闇や危険性」についてまとめてみました。

友達の話やネットの情報を鵜呑みにして安易にパパ活を始めるのはとても危険です。一歩間違えると犯罪に巻き込まれかねないだけではなく、あなたも犯罪者になってしまうかもしれません。まずは「パパ活」がどんなものなのか、どんな危険が伴うのかをちゃんと知ってください。いきなり始めるのではなく、ちゃんと知った上で、ご判断を。

この記事で伝えたいこと

  • パパ活とはどんな内容をすればいいのか?
  • パパ活でもらえるお金の金額や相場はいくらか?
  • パパはどこで見つけているのか?危険なサイト・安全なサイトは?
  • パパ活の現実と経験者の声
  • パパ活にまつわる犯罪や法律について

パパ活とは?

パパ活とひとくちに言っても、どこまでお付き合いするかは多様なようです。

援助交際の一種で、若い女性がキャバクラの同伴やアフターのように食事やお茶を共にする対価として、自らに金銭を与えてくれるなど経済的に援助する裕福な男性を探して行われる活動である。援助交際とは男性層の金銭的余裕の差や活動自体に肉体関係必須ではない点が異なる。同伴代で稼ぐことが一般的であるが、同伴代と別途の金額の大きさ次第で売春に応じる女性もいる。

「パパ活」

2017年にネットで配信されていた渡部篤郎さん主演のドラマ「パパ活」では、

ぱぱ-かつ 【パパ活】
カラダの関係なし。デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際。

と定義されていました。

基本的に、パパ活とは、若い女の子が経済的に余裕がある男性のお茶や食事などのデートのお相手をすることで、お礼としてお小遣いなどの経済的な援助を受ける活動のことを指すのです。肉体関係はもたないことが基本なのです。

援助を受ける側の女性も、援助する側の男性も、この前提を知らないと、大きなトラブルや犯罪に発展してしまうことがあるのです。

肉体関係をもつ交際は「愛人」や、一般的に言う「援助交際」と呼ばれるもので、パパ活ではカラダの関係は一切もたないことが前提となっています。

本格的にパパ活している方は、パパ活のことを『P活』と略して話すことが多いようです。

同じようにパパのことは『P』と略し、パパ活をしている女性のことは『PJ』と略します。

パパ活って何をするの? 具体的な内容や相場は?

パパ活の具体的な活動内容や流れについて調べてみると、

・まずは「顔合わせ」で5,000円〜1万円

というのが相場なようです。援助する側もされる側も、やはり好みはあるでしょうし、相性もあるでしょう。まずは会ってみて、お茶でもしながら軽くお話しをしてみるというところから始めるようですね。

この顔合わせでの見極めをしくじると、後々とんでもないことになってしまいかねません。自分の安全を守る意味でも、まずは、

  • 二人きりにならない、
  • 人がたくさんいる場所で会う

という条件を絶対に外さないようにしましょう。

パパ活は、いわゆる「援助交際」のような、カラダの関係はナシっていうのが基本です。

まずはお茶をして、

お食事に付き合って、

街をブラブラデートしたり、

一緒にお買い物をしたりと、

疑似恋愛を提供して、見返りにお小遣いをもらうというものですね。

気をつけないと、女性側(pjという。パパ活女子。)が泣く羽目になりますよ。

それぞれの相場的には、時代の変化とともに上昇傾向?にあるようです。

■パパ活顔合わせの相場は?

「はじめまして」でお茶したりな30分〜1時間くらいの顔合わせで、だいたい0.5〜1万くらい。

地方都市だと、0.5くらいというのが相場のようですね。

■パパ活お食事デートの相場は?

お食事デートの相場は、都内だとだいたい1〜3万くらいのようです。

地方だと1〜2万

■パパ活買い物デートの相場は?

買い物デートとなると拘束時間も少し長くなるからか、2〜3万くらいが相場のようですね。

買い物なので、お手当に加えてブランドもののバッグや高級コスメなどをプレゼントしてもらう方も多いようです。

流れとしては、休日に一緒にブラブラ買い物をしてプレゼントも買ってもらい、そのあと食事してバイバイという感じ。

■パパ活映画デートの相場は?

映画デートとなると、だいたい半日(4〜6時間)の拘束となるようで、相場は東京だと最低3万〜、地方で2万〜という感じのようです。

当然、映画中はお話ししたりしなくてよいので、一番コスパ良さそうな感じがします…。

■(一応)番外編:カラダの関係ありの相場は?

TwitterでP活している人たちのツイートを見ていると、よく出てくるのが『ドカタ』というワード。

ドカタって何!?と思って調べてみると、どうやら読んで字のごとく、肉体労働のことを指すようです。

つまりカラダの関係ですね。

大人のお付き合いまですることを『ドカタ』と言います。

↓使用例はこんな感じ↓

これはちょっとシャレにならない…

ちなみに、さらに具体的に表現する場合、『膣ドカタ』と言うそうです。

さて、そんなドカタの相場は幅広く、1回で3〜7万くらいの間、都内だと5万くらいが多いようですが、PJの容姿にもよるようですね。

地方都市や、安く受けてしまうような子だと1万〜なんていう例もありました。

とても紳士で余裕ある素敵パパに巡り合ったり、PJの年齢が若かったり、容姿がよかったりすると、こんなに稼ぐ方もいるようです。

■パパ活の定期・月極め(食事のみ)の相場は?

パパから気に入られると、『月に何回会う』という月単位での契約をしてもらえる場合もあるようです。

だいたい週に一度会って食事デートするという月極め契約です。

こちらの相場が10〜30万ほど。

30万の場合は『週2回会う』など、人によって取り決めや内容は変わるようです。

PJからしたら安定した固定収入となるので、素敵なPと月極めで契約するというのは理想的なのではないでしょうか。

■パパ活の定期・月極め(体の関係あり)の相場は?

ひと昔前でいうと、『愛人契約』みたいなものですかね。

こちらも『週に何回』とか『月に何回』という契約で、相場はもはやパパの度量・裁量によるところが大きいです。

だいたい20万くらいからで、多い場合はサラリーマンの1ヶ月分の給料よりも多く、50万とかいうケースも。

こうなると週の労働1〜2日で1ヶ月余裕で生活できてしまいますね。

-体験談, 出会い・婚活

Copyright© LILY , 2020 All Rights Reserved.