結婚式・披露宴 結婚準備

結婚準備のための資金集めについて徹底解説!

投稿日:

結婚準備のための資金集めについて徹底解説!

結婚準備において、資金はいくらあれば良いのでしょうか?

結婚準備といっても、その内容は様々です。

一生に一度の晴れ舞台ということもあって、たくさんお金をかけて豪華にやりたいと考える人もいれば、今後のことも考えてできるだけ抑えたいという人もいるでしょう。

今回は、そんな結婚準備資金について徹底解説していきます。是非これを参考にしながら話し合ってみてください。

結婚するうえで必要な資金とその価格

結婚するうえで必要な総資金は、平均482万円前後といわれています。

総資金の中には、結婚式や婚約指輪、新婚旅行、結納などといった費用が含まれています。

では、それぞれにいったいどのくらいの費用がかかるのか、1つずつ見ていきましょう。

結婚式

皆さんの中にイメージとしてあるかもしれませんが、結婚式は結婚準備の中で最も大きな割合を占める費用です。

平均額は約271万円となっています。

いくつか詳細を挙げると、挙式が約33万円、料理や飲物が約129万円などとなっています。

結婚式は、衣装や演出、料理などによって、かかってくる費用が大きく変わります。

費用は抑えたいけどちゃんとした結婚式にしたいという人は、お金をかける部分と節約する部分をしっかり2人で話し合って決めていくようにしましょう。

婚約指輪

婚約指輪に関しては、一昔前のカップルだと「給料3ヶ月分」といわれていました。

しかし、現在はどうなのでしょうか?

婚約指輪にかかる費用は、現在だと平均で約38万円となっています。

また、結婚指輪は2人分で約26万円となっています。

思ったより高くなくて安心している男性の姿が浮かびそうです。

女性によっては高価なものが良いという人もいるかもしれませんが、実際は指輪にそこまで費用をかけていないので、男性が変に気負いする必要はありません。

新婚旅行

新婚旅行にかかる費用は、旅行日数によって多少前後します。

今回は、新婚旅行の平均日数とされている7日分で見ていきます。

7日間の新婚旅行でかかる費用は、お土産代も込みで約73万円となっています。

海外旅行の場合はこれより少し割高になってしまう可能性がありますが、国内旅行の場合はツアーなどを利用すると費用を抑えることが可能です。

海外旅行は普段なかなか行けないので、この新婚旅行を利用して行くのも良いですが、やはりどうしても費用がかかってしまいます。

海外にそれほどこだわりがない人や費用を抑えたいという人には、国内旅行がおすすめです。

国内旅行のメリットとしては、お世話になった人たちへのお土産代にお金をかけることができる、長期間滞在ができるなどが挙げられます。

新生活

新生活準備にかかる費用は、平均で約77万円となっています。

インテリアから家具家電まで、全てを揃えるとなるとやはりそれなりの費用がかかってきます。

費用を抑えたい場合は、必要最低限のものだけを買う、リサイクルショップで購入するなどといった工夫をすると良いでしょう。

結納

結納について良く知らない人のために説明すると、婚約した後に、結婚する2人の両親が親族になることを祝って贈り物を納め合う儀式のことを指します。

では、そんな結納にかかる費用はどのくらいなのでしょうか?

1つ1つ細かく紹介すると、結納式にかかわる費用が約23万円、結納金が約92万円、結納品が約28万円、結納返しが現金で約44万円、品物で約20万円となっており、合計すると約207万円となります。

想像以上の金額に驚いている人もいるのではないでしょうか?

結納にはこれだけの費用がかかります。

しかし、最近は結納の代わりに、両家の顔合わせ食事会を開くカップルが増えています。

食事会の場合、費用は平均して約8万円です。

結納の代わりに食事会を開くことによって、費用を抑えることができます。

また、カップルによっては結納も顔合わせもしないという場合もあります。

結納で費用を抑えたいという人は、どのような形にするかを両家の両親にしっかり相談するようにしましょう。

ご祝儀で負担は減る?

結婚準備のための資金集めについて徹底解説!

結婚をするとなると多大なお金がかかることが分かりました。

しかしここで1つ疑問が浮かびます。

結婚といえば、皆さんからもらうご祝儀があります。

このご祝儀やお祝いで結婚準備資金をまかなえるのではないでしょうか?

ご祝儀の平均額は、約200~230万円といわれています。

これを結婚式の費用に充てるとすると、結婚式の費用が先ほど挙げた通り271万円ほどなので、ご祝儀だけでまかなうことは不可能です。

しかし、負担を減らすことは十分可能です。

なお、カップルによっては親からの援助を受けている場合もあります。それについては、次で詳しく解説します。

結婚式の費用は分担

結婚式を行うカップルのうち、約7割が親からの援助を受けています。

そこで大事になってくるのが、費用の分担です。

結婚式は両親や親戚も加えて行われる一大イベントです。

そのため、費用の分担についてしっかり話し合って、お互いにとって良い結婚式になるようにしたいものです。

しかし、お互いの希望や常識が異なっていると、両家間のトラブルにもなりかねません。

良い形で結婚式ができるように考えていきましょう。

ここでは、そんな結婚式の費用分担でよくあるパターンを3つ紹介します。

参加人数の割合で決める

結婚式の参加人数の割合で決めるというパターンは多いです。

片方の参加者が多い場合は、この方法で費用を分担すると公平感が出ます。

項目ごとに分担する

結婚式でかかる費用の中で、金額がかさむものとして衣装代があります。

特に新婦の衣装は高価になることが多く、お色直しの回数も考えるとそれなりの費用がかかります。

衣装にはこだわりを持ちたいと考えている新婦は多いので、そういった場合の新婦の衣装代は、新婦側が負担するのが一般的です。

このように、各項目でどちらが負担すべきかを決めていくのも、費用の分担方法として挙げられます。

新郎が会場にこだわりたいという場合は、会場代を新郎に負担してもらうなど、お互いのこだわりに応じて分担するとトラブルなく進めることができます。

折半もしくは6:4

費用を折半するのが、結婚式の費用分担では最もシンプルなパターンです。

両家が同様の金額を出し、その中で2人がやりくりをして結婚式を行うという流れです。

地方によっては、新郎側が多めに負担するのが当然だという考え方を持っているところもあるので、その場合は6:4もしくは7:3などといった割合で費用を分担する場合もあります。

結婚準備資金を貯める方法

これまでに結婚した人たちの意見を聞くと、結婚を決めた段階ですでに資金が十分にあったという人もいれば、まったくなかったという人もいました。

しかし、まったくなかったという人たちもきちんと新婚生活をスタートさせることができています。

ここでは、資金がまったくない人たちには特に知っておいてほしい、結婚準備資金を貯める方法を3つ紹介します。

お金の使い方を見直す

単純に貯金をしているだけでは足りないと感じたら、生活費などといったお金の使い方を徹底的に見直してみましょう。

例えば実家住まいの場合は、実家住まいというメリットを活かして貯金することが可能です。

さらに、買い物の仕方を工夫したりランチを外食ではなくお弁当にしたりするだけでも、かなり変わってきます。

1人暮らしの場合は、住まいから見直すパターンが多いです。

結婚準備資金を貯めることは、自分たちの生活を見直す重要なポイントになります。

結婚準備資金の口座を作る

まったく貯金がない場合は、結婚を決めたその瞬間から資金準備をスタートしましょう。

まずは、結婚式をどのくらいの規模で行うのか、新居はどのくらいの値段のものにするのかなど、自分たちの希望を出し合って考えましょう。

ある程度定まったら、結婚式を行ったり新居を購入したりするまでにいくら準備することができるか、現実的に考えてみましょう。

理想と現実が程遠いと凹んでしまい気力を失ってしまいがちですが、だからこそ絶対貯めるという強い意志を持って貯金を始めましょう。

そのためには、結婚準備資金専用の口座を作っておくことがポイントになります。

息抜きをする

「節約する」「貯金する」と意味的には反対になってしまいますが、息抜きも必要です。

結婚を決意すると、気持ちや生活が大きく変わります。

節約することや貯金することによって、その変化があまりに大きいものになってしまうと、気持ちに余裕がなくなってしまいます。

その結果、結婚準備自体が楽しいものでなくなってしまう可能性があります。

節約や貯金ばかりを意識するのではなく、時にはパーッと息抜きをしてメリハリを付けましょう。

結婚式の費用をできるだけ抑えるには?

結婚準備のための資金集めについて徹底解説!

結婚式を豪華なものにしたいと思う一方で、結婚後の新生活のための資金も必要になってきます。

そのため、結婚式でお金を使いすぎると、後々の生活が苦しくなってしまう可能性があります。

ここでは、結婚式の費用をできるだけ抑える方法をいくつか紹介します。

お色直しの回数に注意

衣装代やお色直しの回数は、結婚式の費用の中でもポイントとなってきます。

先ほども述べた通り、新婦の衣装は特に高価なものが多く、平均約41万円となっています。

費用を抑えることを考えると、ここで少し抑えておきたいものです。

また、衣装をどのように用意するかも重要になります。

オーダーや既製品の使用、レンタルなど様々な方法がありますが、どれが安いということは一概には言えません。

レンタルで安いものを何着も借りるより、オーダーで1着作ってもらった方が安いこともあります。

新婦がどのような衣装を着たいかを優先して考えるようにしましょう。

クレジットカード払いでポイントをゲット

費用の高い安いも重要ですが、支払い方も1つポイントとなってきます。

結婚式の場合、クレジットカードを利用することができる施設がたくさんあります。

そこでクレジットカードを利用すると、費用が高いためポイントがかなりつくことになります。

カードの限度額が低いという人は、カード会社に問い合わせて、結婚式の支払いに利用したいということを伝えましょう。

そうすると、一時的に限度額を引き上げてくれます。

共済加入も有効

少しでも費用を抑えるということを考えると、県民共済や都民、府民共済などへの加入を検討するのも1つの方法です。

共済の中には結婚式場を運営しているところもあるので、そういった共済に加入すると、費用を抑えることができます。

ドレスを1着2万円程度で借りることができたり、引き出物を半額で購入できたりする共済もあります。

近年その種類やサービスは幅広くなっているので、職場や住んでいる地域の共済をチェックしてみると良いでしょう。

結婚式はオフシーズンにするとお得

結婚式の費用で大きく関係してくるのが、結婚式を行う時期です。

結婚式に最適な時期として挙げられるのが、気候の良い春や秋、六曜を意識して大安や友引、土日祝日などです。

この時期に結婚式を行うとなると、費用はおのずと高めになります。

逆に、この時期を外して結婚式を行えば、費用を抑えることができるということになります。

結婚式のオフシーズンは、夏や冬、仏滅、平日などです。

その中でも特に夏や冬が穴場です。

暑い寒いといっても式場には冷暖房がしっかり完備されていますし、着替えも現地で行うことができるので、心配なことはほとんどありません。

結婚式を安く済ませたいという人には、夏場や冬場に行うことをおすすめします。

式場選びは慎重に

式場選びは慎重に行うようにしましょう。

式場1つで全体費用が大きく変わってきます。

式場を選ぶ前に、まず式場ごとの相場を知っておくと良いです。

一般的な結婚式場だと約353万円、ハウスウエディング(ゲストハウス)は約409万円、ホテルは約360万円、レストランは約282万円となっています。

この中から自分たちの予算に合った式場を選ぶのも良いですし、厚生年金会館やメルパルクといった公共施設だと、費用を大きく抑えることができます。

自分たちの予算をしっかり把握して、適した式場を選ぶようにしましょう。

まとめ

結婚準備のための資金集めについて見てきましたが、いかがでしたか?

結婚するということは、膨大なお金がかかるということになります。

しかし、一生で一度しかない晴れ舞台なので、きちんとした豪華なものにしたいと思うのは当然です。

計画的にお金を貯めて、最低限節約できるところを節約して、最高の形で結婚を迎えられるようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやと

皆さんのためになる記事作成をしていきたいと思っています。 読みやすい記事になるよう心掛けていきます、よろしくお願いいたします!

-結婚式・披露宴, 結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.