結婚式・披露宴 結婚準備

結婚式と披露宴、二次会は必要?それぞれの役割と種類や違いを解説!

更新日:

大人になると、親戚や友人の結婚式に招待される機会が増えます。

私は、これまでに何回か結婚式に招待され出席したことがありますし、これからもいろんな人達の結婚式に招待されると思います。

しかし、結婚式と一言で言っても、披露宴や二次会など様々な形態があります。

結婚式から招待される場合もありますし、結婚式を親族だけで行う新郎新婦であれば、披露宴や二次会など途中から招待されることもあります。

結婚式に出席することに慣れていない人からすると、混乱してしまうのも無理ありません。

そこで、結婚式と披露宴、二次会がどのような流れで行われるのかを解説していきたいと思います。

それぞれがどのような流れで行われているのかを知ることで、違いも分かってくるのではないでしょうか?

他にも、二次会を行う目的などについても解説していきます。


スポンサーリンク

結婚式の大まかな流れ

結婚式のスタイルには、主にキリスト教式・神前式・人前式の3つがあります。キリスト教式は牧師が、神前式は神主が進行役を担います。

人前式は牧師や神主などがおらず、進行役の司会者はいますが、基本的に新郎新婦2人で進めていく形となっています。

では、スタイルごとに結婚式の大まかな流れを見ていきましょう。

キリスト教式

キリスト教式では、まず牧師が先導する形で新郎が入場します。

その後、牧師から結婚式開会の言葉が述べられると、新婦が父親にエスコートされて入場します。

父親から新郎のエスコートに変わり、新郎新婦と牧師が向かい合って立ちます。

ゲストはここで全員起立し、讃美歌の斉唱をした後、牧師から聖書の朗読と祈りが捧げられます。

次に、新郎新婦が牧師からの問いかけに答える形で、結婚の誓約の言葉を述べます。

お互いに誓い合ったら指輪の交換を行って、その後牧師が2人の結婚を宣言します。

新郎新婦は結婚証明書にそれぞれサインをし、牧師がゲストに対して2人の結婚が成立したことを報告します。

結婚式が終わると、新郎新婦はゲストから祝福の拍手を受けながら退場します。

神前式

神前式では、キリスト教式やこれから紹介する人前式と同じように、新郎新婦入場から始まって神様に祈りを捧げ結婚の誓いをするという流れになっています。

キリスト教式や人前式と大きく異なっている点は、ゲストとして招待することができるのが、家族と近しい親族のみだという点です。

家族と近しい親族しか招待することができない神前式に対して、キリスト教式や人前式は、家族親族だけでなくたくさんの友人に見守られながら式が進められていきます。

結婚式が始まって神殿に入る際は、巫女に先導されます。

新郎新婦とゲストが同時に神殿に向かう形となっています。

その後、神主の先導のもとお祓いを受け、2人の結婚が神様に報告されます。

三々九度でお神酒を飲み交わしたら、巫女の奉納の舞に続いて誓いの言葉を述べます。

神前に玉串を捧げ指輪の交換を行ったら、両家の結び付きを祝って、改めてお神酒を飲み交わします。

その後、神前に拝礼して、新郎新婦とゲストは共に神殿から退出します。

神前式は、キリスト教式や人前式と違って流れがこのように明確に決められており、格式と伝統のもと進められていくという特徴があります。

人前式

人前式では、キリスト教式の結婚式の流れをベースに流れが決められています。

キリスト教式と大きく異なっている点は、牧師などといった先導者がいないという点です。

そのため、最初の入場は新郎1人で行う形となっています。

新郎が入場した後、新婦が父親にエスコートされて入場します。

父親から新郎のエスコートに変わり、2人で壇上に上がったら、ゲストと向き合います。

キリスト教式や神前式では、新郎新婦は神様と向き合う形をとります。

しかし、人前式ではゲストと向き合う形をとります。

そして、司会者進行のもと式が進められていきます。

ここからの流れは、開式の言葉から始まり、2人が誓いの言葉を述べて指輪を交換するというのが一般的です。

その後、新郎新婦は結婚証明書にサインをし、ゲストの中から両家1人ずつが立会人代表として結婚証明書にサインをします。

サインの入った結婚証明書をゲストに披露して、結婚が成立したことを報告したら、ゲストから祝福の拍手を受けながら新郎新婦は退場します。

スポンサーリンク

披露宴と二次会の大まかな流れ

結婚式の大まかな流れについて見てきたので、次は披露宴と二次会の大まかな流れを見ていきましょう。

披露宴

Efraimstochter / Pixabay

披露宴は、まず新郎新婦が入場します。

新郎新婦が入場して席に着いたら、主賓の挨拶と乾杯とともに披露宴がスタートします。

披露宴は、間に歓談の時間を挟みながら進んでいきます。

そして、ケーキ入刀やスピーチがあった後、新郎新婦のお色直しに入ります。

お色直しの回数については、1回だけに留める新郎新婦もいれば、2回3回と複数回行う新郎新婦もいます。

新郎新婦がお色直しのため中座している間は、プロフィール映像の上映などを挟んでおき、お色直しが終わり次第新郎新婦が再入場します。

再入場したら各テーブルに挨拶回りに行きますが、この際にキャンドルサービスなどといった演出を行うことがほとんどです。

友人からの余興がある場合はこの後に行われ、余興が終わると披露宴もエンディングへと進んでいきます。

新婦の手紙の朗読があり、新郎新婦から両親への花束贈呈、新郎父の代表挨拶、新郎からの謝辞を経て、新郎新婦が退場し披露宴はお開きとなります。

二次会

二次会は、披露宴と似た流れで進んでいきます。新郎新婦の入場から開会の挨拶があり、二次会がスタートします。

二次会については、結婚式と披露宴に出席していない人が出席するケースも多いので、ケーキ入刀やプロフィール映像の上映などを披露宴と同じように行います。

披露宴では、新郎新婦が退場した後にエンドムービーを流すことがあります。

エンドムービーとは、結婚式当日の様子を撮影して、音楽に合わせて編集したものを流すという演出です。

これを二次会で流すことによって、二次会から出席したゲストも結婚式の様子を知ることができるので、二次会から出席したゲストにも楽しんでもらうことができます。

二次会は、基本的に立食形式となっています。

また、結婚式や披露宴と違ってカジュアルに楽しめるように、ビンゴゲームなどといったいろいろなゲームを盛り込んだ流れが定番となっています。

私が過去に参加した二次会でも、クイズ大会などが行われていました。

最初は盛り上がるのかと疑心暗鬼でしたが、実際参加してみると非常に盛り上がって楽しめます。

中には、披露宴で披露した余興を二次会で再度披露することもあります。

最後は新郎新婦が一度退場し、出入り口でゲストをお見送りしてお開きとなります。

結婚式と披露宴、二次会の違いとは?

Free-Photos / Pixabay

ここまで、結婚式と披露宴、二次会の流れについて見てきましたが、結婚式と披露宴、二次会にはそれぞれどのような違いがあるか知っていますか?

違うことは知っているという人はいるかもしれませんが、具体的にどのような違いがあるかまでは分からないのではないでしょうか?

私も、このような結婚式や披露宴に関する記事を書き始めるまでは、違いが良く分かりませんでした。

結婚式は、一般的に言うと挙式のことです。

挙式と聞くと、神前やチャペル、新郎新婦が愛を誓い合うセレモニーという印象が強いのではないでしょうか?

結婚式はそのような場であるため、新郎新婦にとって特に大切な人達をゲストとして招待することが多いです。

披露宴は字の通り、お披露目をする宴会のことです。皆で楽しくお酒を飲んだり食事をしたりする場です。

二次会は披露宴が終わった後に行われることが多く、披露宴と比べてかなりカジュアルな宴会です。

二次会は、新郎新婦が主催することもあれば友人が幹事となって主催することもあります。

普段の飲み会と同じような雰囲気で行ったり、少しフォーマルな感じで行ったりと、主催する人によって形式は様々だといえます。

スポンサーリンク

二次会を行う3つの目的

二次会については、新郎新婦によって行ったり行わなかったりと様々です。

では、二次会を行う新郎新婦は、どのような目的で二次会を行うのでしょうか?

二次会を行う主な目的は、以下の3つです。

海外挙式、親族のみでの結婚式の後の披露宴代わり

近年、海外挙式が非常に人気を集めており、海外で挙式を行う新郎新婦が増えてきています。

海外挙式は国内挙式と比べると、交通費や宿泊費などといった費用がかさばるため、親族とごく親しい友人だけを招待するケースがほとんどです。

そこで、帰国後に二次会を開いて、お披露目会という形で知人や友人を招待するパターンがあります。

こうすることによって、親族だけでなく知人や友人からも祝福を受けることができますし、きちんと結婚の報告をすることもできます。

結婚式、披露宴と同じメンバーでの歓談

結婚式や披露宴は、新郎新婦とゲストがゆっくり話す時間があまり設けられていません。

キャンドルサービスなどでテーブルを回る際に少し話ができるかもしれないという程度です。

ゆっくり話す時間はないと思っても良いでしょう。

新郎新婦の中には、せっかく祝福に来てくれたゲストとゆっくり話したいと思っている人がたくさんいます。

また、ゲストも同じように、新郎新婦とゆっくり話したいと思っています。

その時間を設けるために、結婚式・披露宴と同じメンバーで二次会を行うというケースがあります。

現在の生活拠点と新郎新婦の地元が離れている

大学進学や就職を機に、地元を離れている人はたくさんいます。

そのため、結婚式や披露宴は地元で行うという新郎新婦も珍しくありません。

大学や就職先で知り合った知人や友人を、わざわざ地元まで招待するのは負担が大きいという理由から、現在の生活拠点で二次会を行うパターンもあります。

まとめ

今回は、結婚式と披露宴、二次会がどのような流れで行われるのかを中心に解説してきました。

結婚式と披露宴、二次会の流れについて理解していただけたでしょうか?

それでは最後に、今回の内容をまとめておきます。

  • キリスト教式の結婚式の大まかな流れは、「新郎入場→結婚式開催の言葉→新婦入場→讃美歌斉唱→聖書の朗読と祈り→結婚誓約の言葉→指輪の交換→牧師による結婚宣言→結婚証明書へのサイン→牧師からゲストへ結婚報告→新郎新婦退場」となっている。
  • 神前式の結婚式の大まかな流れは、「新郎新婦とゲスト入場→お祓い→神様へ結婚報告→お神酒の飲み交わし→誓いの言葉→玉串を捧げ指輪の交換→お神酒の飲み交わし→新郎新婦とゲスト退場」となっている。
  • 人前式の結婚式の大まかな流れは、「新郎入場→新婦入場→開式の言葉→誓いの言葉→指輪の交換→結婚証明書へのサイン→結婚証明書を披露してゲストへ結婚報告→新郎新婦退場」となっている。
  • 披露宴の大まかな流れは、「新郎新婦入場→主賓の挨拶→乾杯→歓談→ケーキ入刀やスピーチ→新郎新婦お色直しのため中座(この間にプロフィール映像の上映などが行われる)→新郎新婦再入場→キャンドルサービスなどの演出を行いながらの挨拶回り→余興→新婦の手紙朗読→新郎新婦から両親への花束贈呈→新郎父の代表挨拶→新郎からの謝辞→新郎新婦退場」となっている。
  • 二次会の大まかな流れは、披露宴と似ている。新郎新婦の入場から開会の挨拶があり、二次会がスタートする。基本的に立食形式となっていて、結婚式や披露宴と違ってカジュアルに楽しめるように、ビンゴゲームなどといったいろいろなゲームを盛り込んだ流れが定番。最後は新郎新婦が一度退場し、出入り口でゲストをお見送りしてお開きとなる。
  • 結婚式は、一般的に言うと挙式のこと。新郎新婦にとって特に大切な人達をゲストとして招待することが多い。披露宴は字の通り、お披露目をする宴会のこと。二次会は披露宴が終わった後に行われることが多く、披露宴と比べてかなりカジュアルな宴会。
  • 二次会を行う目的は、「海外挙式、親族のみでの結婚式の後の披露宴代わり」「結婚式、披露宴と同じメンバーでの歓談」「現在の生活拠点と新郎新婦の地元が離れている」の3つが主になっている。

結婚式は、新郎新婦の愛を誓い合うセレモニーなので、かしこまった形で行われることがほとんどです。

一方で、披露宴や二次会は、比較的楽しく行われることが多いです。

それぞれの流れと特徴を掴んで、素晴らしい結婚式や披露宴、二次会になるようにしましょう。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-結婚式・披露宴, 結婚準備

Copyright© LILY , 2020 All Rights Reserved.