ブライダルフェア 結婚準備

『誰と行く?服装は?持ち物は?』ブライダルフェア前に知っておきたいQ&A

更新日:

『誰と行く?服装は?持ち物は?』ブライダルフェア前に知っておきたいQ&A

結婚式の準備をはじめたら、一度は行っておくべきブライダルフェア。

結婚式場の魅力が凝縮されているブライダルフェアは、式場選びの参考になるだけではなく、演出やテーブルコーディネートや装花など理想の結婚式へ導くヒントがたくさんあります!

ですが、ほとんどのプレ花嫁さまにとっては初めてのブライダルフェア。行ってみたい気持ちとは裏腹に、いろんな疑問も思い浮かぶはず……。

そこで今回は、元プランナーの筆者がブライダルフェア参加前のプレ花嫁さまが抱きがちな疑問を15個まとめてみました。

これを読めば、ブライダルフェアの「?」は全て「!」に変わるはず!

ゼクシィnet


スポンサーリンク

Q1:ブライダルフェアに行くべきタイミングは?

結婚式場探しをするなら、ベストなタイミングは半年〜1年前ぐらいです。リクルートが実施している「トレンド調査2017」によると2017年に結婚式を挙げた先輩カップルたちは、10ヶ月前に検討を始めて、8.1ヶ月前に決定しているというデータがあります。

しかしここで注意しておきたい点が!
希望日が具体的にあるなら、早く動く方が良いということ。

ホテルや専門式場のように一日何件か受けられる式場でも、春や秋の人気月は早くから予約が埋まりがち。ゲストハウスやレストランなど、1日1件もしくは2件など限られた組数しか受注していない場合には人気月の場合、数年先の予約まで埋まっていることがあります。

結婚式をこの日に挙げたい!という希望がある場合には“善は急げ”です!

Q2:ブライダルフェアは何時間くらいかかるの?

ブライダルフェアの所要時間は平均4時間と考えておきましょう。ちなみに見学会だけだと約3時間。ブライダルフェアと見学会との大きな違いは、試食会やドレス試着などイベントがあるかないかです。これが約1時間の差に。

そのためブライダルフェアのスケジュールを組むときには、1日に周るブライダルフェアは1件、もしくは多くても2件程度がベスト。3件詰め込んでしまうと、休憩を取る間もなく3件目のブライダルフェアはもうクタクタ……なんてことに。

ただし、どうしてもふたりのスケジュールが合わずに、1日3件まわらざるを得ない場合もありますね。そんなときは、予約の段階で「○時までには式場を出ないといけない」と伝えおきましょう。そうすれば、スケジュールに合わせてプランナーが案内してくれますよ!

Q3:ブライダルフェアを選ぶときのコツって?

数あるブライダルフェアの中から「このフェアに行ってみよう!」と思えるところを探し出すコツは2つあります。

ブライダルフェア選びのコツ その1|式場のスタイルを見極める!

結婚式場と一口にいっても、式場のスタイルは4つに分けられます。

  • ゲストハウス
  • レストラン
  • ホテル
  • 専門式場

それぞれには、メリットデメリットがあります。自分たちは、結婚式を挙げる上で何を重視するのかを相談した上で、希望に近い式場のスタイルを選びましょう!

『誰と行く?服装は?持ち物は?』ブライダルフェア前に知っておきたいQ&A

ブライダルフェア選びのコツ その2|フェア内容をチェック

ブライダルフェアといっても、内容は様々です。内容次第で参加するブライダルフェアを決めるなら選ぶ方法は2つあります。

1つ目は、ブライダルフェアで行われているイベントに合わせて選ぶ方法。

  • 結婚式当日のお料理を試食出来る「試食付きブライダルフェア」
  • ドレス試着を楽しむことが出来る「ドレス試着付きブライダルフェア」
  • 結婚式本番通りの進行で、ゲスト目線でチェック出来る「模擬挙式付きブライダルフェア」

フェアの内容は大きく分けて3つあります。興味のあるものや、重視したいポイントに合わせて選びましょう!

そして2つ目は、フェアのタイトルに注目。
ブライダルフェアのスケジュールを見てみると、フェアのタイトルによってどんな新郎新婦が対象なのかがわかる場合があります。例えば…

  • まだ式場探しをはじめたばかりの方のじっくり相談フェア
  • ○月結婚式希望の方向け!お得な特典盛りだくさんフェア
  • 平日じっくり相談会フェア
  • オリジナリティ重視!演出体感フェア
  • お仕事帰りでも安心!短時間ギュッと凝縮フェア

式場側は、新郎新婦さまが選びやすいようにフェア毎にタイトルも工夫しています。フェアを探すときには、ブライダルフェアのタイトルににも注目してみてくださいね。フェア選びのヒントが隠されているはず!

ゼクシィnet

Q4:ブライダルフェアって何件くらい見るべき?

リクルートが結婚式を挙げたカップル対象に実施している「トレンド調査2017」によると、先輩カップルが式場を探しているときに訪問した式場数は平均3.3件という結果が出ています。

元プランナーとしてもおすすめはやはり3件程度。これ以上まわってしまうと、どこで何を聞いたのかわからなくなってしまい、アレコレ見ているうちに、結局自分たちはどんな式場が理想なのかもわからなくなってしまうからです。

結婚式の準備は段取りを立てることがとても大切。
結婚式を挙げたい時期をゴール地点とし、逆算して「いつ」「何を」するべきかを明確にすることが、効率よく結婚準備をすすめるコツにもなるんです。
いつ、どこの式場のブライダルフェアに参加して、いつまでに決めるのか見透しが立っていれば

「いつまで式場を探し続けるの?」
「早く決めないと、人気の日取りがドンドン予約が埋まっていっちゃう……」

先が見えないことに対するストレスからのケンカは防ぐことが出来ます!

Q5:土日はスケジュールが合わなくてブライダルフェアに行けない……

ブライダルフェアは土日に開催されていると思われがち。ですが、ブライダルフェアは平日も多く開催されているんです。しかも見学会だけではなく、お仕事帰りでも参加出来る夜からの試食付きブライダルフェアも少なくありません。

お仕事の都合上、土日はお休みでなかったり、ふたりの休みがバラバラだったりすると、どうしてもブライダルフェアに参加しにくいのでは?と悩みがち。
でも、ブライダルフェアのスケジュールをよく見てみると平日の日中や夜からのブライダルフェアもたくさん実施されています。

式場の営業時間が仮に20時までの場合でも、ブライダルフェア時には延長して営業していることがほとんど。

だからふたりのスケジュールがなかなか合わないからと、ブライダルフェアの参加を断念しなくても大丈夫なんですよ。

『誰と行く?服装は?持ち物は?』ブライダルフェア前に知っておきたいQ&A

Q6:ブライダルフェアってやっぱり彼と一緒じゃないとダメ?

ブライダルフェアは必ず「新郎新婦一緒で」ではなくてもOK。私がプランナーをしていたときも、確かにカップルで参加される方は多かったけれど、母娘で参加される方や姉妹、あとはお友達と一緒に参加されておられる方も多く拝見しました。
個人的な感想を言うと、女性同士の方がむしろ盛上がっているようにも見えることも……!

新郎さまに了承を得ている場合は、不在でも式場を申し込まれる方も少なくありませんでした。

  • 1.どんな式場で
  • 2.予算はこの位
  • 3.日程はだいたいこの辺りでどうかな?

この3点を事前に相談しておけば、新郎さまが不在でもある程度お話は進めやすくなります。

「彼とスケジュールが合わないので、見学会だけで……」と予約の電話が入ることもしばしばありました。しかしブライダルフェアは彼と一緒じゃなきゃいけない!なんて決まりはありません。

せっかくのブライダルフェアです。女同士でも楽しく過ごしてください!

Q7:デート感覚でブライダルフェアへ行ってもいいの?

デート先としてブライダルフェアの参加はアリです。しかしブライダルフェアへの参加は、「ふたりが共に結婚する意思があること」が大前提。
全く結婚するつもりの無いカップルや、試食目当てだけの参加はマナー違反です。

また彼からまだ結婚の話が出ていないのに、ブライダルフェアをデート先として誘ってしまうことは、彼へプレッシャーを与える事にもなりかねないので注意が必要ですね。

とはいえ、ふたりに共通して結婚への夢があるのなら、ブライダルフェアの参加はその気持ちを後押しするきっかけになることも!
実際ブライダルフェアの参加を機に、結婚へ前向きな気持ちになり、ブライダルフェア終わりにプロポーズを受けて……。と話がトントン拍子にすすんだカップルを担当させていただいた事もありました。

結婚に前向きなふたりなら、ブライダルフェアへデート感覚での参加はおすすめします!

ゼクシィnet

Q8:ブライダルフェアって、みんなどんな服装で来てるの?

「結婚式の参列で行ったことはあるけれど、式場見学となれば……。」とブライダルフェアに参加するときの服装について悩んでしまうプレ花嫁さまが多いです。

基本は、いつものデート服でOK。ですが注意しておくべき点も……。
こちらの記事では、画像付きでブライダルフェアの服装について詳しく解説しています。男性女性ともに紹介していますので、是非ブライダルフェアの服装を決める時には、参考にしてみてください!

Q9:ブライダルフェアに持って行くと便利な持ち物はナニ?

ブライダルフェアに参加するときには、服装と同じく悩みがちな「持ち物」。ブライダルフェアには、持って行くと必ず役立つモノがあります!

こちらの記事では、ブライダルフェアに持って行くべきアイテムをまとめてみました。
ブライダルフェア周りを充実させるアイテムにもなりますので、合わせてチェックしてみてください。

Q10:ブライダルフェアへ行く前に決めておくことある?

ブライダルフェアでプランナーとスムーズに話をすすめるため、そして気に入った式場なら申込みやすくするためには、事前に相談しておくべき項目があります。

その項目は4つ!この4つが決まっていれば、自分たちはどんな結婚式が出来るのか?というビジョンも見えてきます。
中にはふたりだけではなく、ご両親に相談すべき項目も。ブライダルフェアに参加することが決まったら、合わせて読んでみてください!

Q11:ブライダルフェアのとき、即決を迫られるって聞いたことがあるんだけど……

ブライダルフェアで即決を迫られることは……あります!実は式場によって、営業方針があるんです。
「即決をしていただく」前提でプランナーが話をすすめている場合と、「お客様にゆっくり選んでいただく」ように商談することも。式場によって営業のタイプが全く違うのです。

確かに、一生に一回の結婚式ですから「そんな即決だなんて……」と敬遠してしまうのも無理はありません。それに、ご両親の承諾なしに勝手に決めてしまうのも、なんだか順番が違う気がしますし……。

しかし、即決をすると色々な特典があるのも事実。
結婚式の節約を意識するなら、一番のチャンスは結婚式を申し込む前にあります。申し込む前の見積りで、必要なモノを含めた見積りをいかに値引きしてもらうかがカギ。即決を否定しきれないのは、そこにあります。

また人気会場は、早い段階で先々まで予約が埋まってしまう場合も。「早く決めてしまわないとドンドン埋まってしまいます」と言われる事もあるかもしれませんが、ホントの話です。人気の日取りは、ブライダルフェアの商談中にタッチの差で埋まってしまうコトもあったり……。

そのため、一概に即決が悪いとはいえません。ただ即決するための段取りはしっかり備えておいた方が良いかもしれません。

Q12:ブライダルフェアへ行くと特典が付いてるってホント?

ブライダルフェアには通常の見学会には付いていない申込み特典が付いているのはホント。

例えば、ブーケやドレス2点目、演出グッズなどのアイテムプレゼント。また「○○万円引き!」なと具体的に値引きが特典になっている場合も。
各ブライダルフェアスケジュールの詳細を確認してみると、申込み特典が記載している式場もあるのでチェックしてみてくださいね。

ただしブライダルフェアの特典はほとんどの場合「申込み時に限る」と制約があります。Q11にもある「即決」がポイントになるワケです。
そのため本命と思われる式場は後回しに見学をし、比較出来る環境を整えておくこと。その上で本命の式場へ見学にいけば、納得の即決も無理なく出来るはず。

Q13:マタニティーで結婚式を急いでる!ブライダルフェア探しのコツは?

マタニティで結婚式を挙げる事になったときは、どうしても準備期間に不安が募りがち……。少ない期間の中で、効率良くブライダルフェアに参加して、早々に式場を決めたいトコロですよね。

そこでポイントになるのが、マタニティプランを提示している式場。
マタニティプランの中には結婚式に必要なものが入っていて、更にお得なプラン設定になっていることがほとんどです。
気になる会場が見つかれば、その会場がマタニティプランを用意しているかも公式サイトでチェック。

またブライダルカウンターに相談しに行くのも、急いで式場探しをしているときにはおすすめの方法です。

専任のアドバイザーが……

  • マタニティプランがある
  • 予算内に結婚式を挙げられる
  • 妊婦に優しい式場設備

など、マタニティ婚にあると嬉しい条件を考慮して式場探しのアドバイスをしてくれます。また、ブライダルフェアのスケジュールを組んだり、フェア予約までも代行してくれます。

ブライダルカウンターへの相談は、カウンターまで足を運ばないといけないデメリットはあるものの、ブライダルフェアの式場探しや予約などお任せ出来る点は、体調が不安定なマタニティのプレ花嫁さまにとってかなりメリットが多めといえるでしょう!

Q14:親にまだ結婚挨拶いってないけど、ブライダルフェアに行っても大丈夫?

両家のご両親に結婚挨拶に行っていない状態で、ブライダルフェアに参加するのは「アリ」です。結婚挨拶のとき、結婚式のビジョンを具体的に持っているのは、ご両親に「結婚を真剣に考えている」という姿勢を見せることが出来ますから。

ですが、ここで要注意なのは結婚式場をご両親の承諾なしに決めてしまわないこと。
結婚挨拶前に、結婚式場や日取りを決めてしまうと「親の許可なしに勝手に話をすすめて!」とお怒りを買ってしまうことは必至です。

結婚準備の中では、ご両親に確認すべき項目がたくさん出てきます。結婚式はその最たるもの。
これからはじまる結婚準備が暗雲立ちこめてしまわないよう注意しましょう!

結婚挨拶を控えた新郎新婦が、結婚式の情報収集の手段としてブライダルフェアに行くのはおすすめしますが、決定までは持ち込まないようにしてくださいね。

Q15:契約後でもブライダルフェアには参加できるもの?

ブライダルフェアは本来「結婚式場選びの参考に」と開かれているイベント。つまり対象は申込み前のお客様であり、基本的には契約後に参加することは出来ません。

もし今の段階で見学会のみ参加をし、まだ式場の申し込みをしていない場合には、ブライダルフェアへ再訪もOK。より深く式場の情報を知り、検討をするためにはとても有効的な手段です。

またどうしてもブライダルフェアのスケジュールが合わずに、フェアへ参加しないまま式場を申し込む場合には、成約者対象の試食会や模擬挙式が行われている場合もあるので、そちらへの参加がおすすめです。

ブライダルフェアの試食は、ワンプレートだったりハーフコースになっているなど、式場の料理レベルを参考にする程度の試食会になっています。
一方、成約後の試食会では有料にはなるものの、実際結婚式で提供する料理をフルコースで味わうことが出来ます。

また申込み後でも「ブライダルフェアの模擬挙式だけ参加するのはOK」としている式場も。ご両親に式場の雰囲気を知っていただくための方法にもなりますよ。

式場によって対応が異なりますので、詳しくは担当のプランナーに相談してみてください!

まとめ

ブライダルフェア参加前にプレ花嫁さまが疑問に思いがちな項目を15個にまとめてご紹介しました。
フェアをより充実したものにするためには、ただ参加するだけではなく、事前準備がとても大切。ご紹介したQ&Aが皆様の参考になれば幸いです……。

マイナビウエディング

■こちらの記事も読まれています

ゼクシィnet


スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

hiroko

結婚式場でプランナーを10年、その前は婚活パーティーのMCのお仕事もしつつ沢山の“幸せのお手伝い”をしてきました。 幸せへの道程はひとそれぞれ。皆さんが自分らしく幸せへ一歩ずつ進むことが出来るよう、これまでの経験を活かしてプロの目線から本当に役立つ情報をお届けします!

-ブライダルフェア, 結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.