ブライダルフェア 結婚準備

ブライダルフェアは冷やかしでも参加することができるのか?

更新日:

ブライダルフェアといえば、結婚の予定がある人が結婚準備の一環として参加するものです。そのため、参加している人は、結婚式のことを真剣に考えながらブライダルフェアでの時間を過ごしています。
しかしその一方で、結婚の予定がない人でもブライダルフェアに興味を持っている人は少なくありません。ブライダルフェアでは無料試食会や無料試着会が行われているので、それが気になるという人も多いです。
このような人がブライダルフェアに参加する場合、結婚の予定がないまま興味本位だけで参加していることになるので、捉え方によっては冷やかしだと捉えられてしまうこともあります。では、ブライダルフェアは冷やかしでも参加することができるのでしょうか?

<ブライダルフェアは冷やかしでも参加することができるのか?>

結婚式のきらびやかな雰囲気やウェディングドレスなど、結婚式は特に女性が憧れるイベントとなっています。女性であれば、結婚式に対して強い憧れを持っていることが多いでしょう。ブライダルフェアは、ほとんどの式場が無料なので、結婚式の予定がない冷やかしのような形でも参加することができます。
しかし、冷やかしでの参加だからといって、やりたいようにやって良いというわけではありません。最低限のマナーや礼儀などはしっかり守って参加するようにしましょう。マナーや礼儀、注意点、禁止事項などについては、これから詳しく解説していきます。

<冷やかしだと思われないためにもマナーや礼儀はわきまえる>

会場側に、冷やかしのお客さんだとできるだけ思われないようにするためにも、マナーや礼儀はわきまえるようにしましょう。
ブライダルフェアは試食会や試着会だけでなく、模擬挙式や模擬披露宴、相談会なども同時に実施しているものがほとんどです。もちろん、自分たち以外にも参加している人はいますし、スタッフの皆さんにも決まったスケジュールがあります。周りの人達に迷惑をかけたり、スタッフさんに無理を言ったりするようなマナー違反は絶対してはいけません。

<偽造カップルや結婚式経験者はモラルとして参加を控える>

59194 / Pixabay

ブライダルフェアは、結婚の予定がなくても、この先結婚する可能性が1%でもある人であれば参加することができます。しかし、この先結婚する可能性が全くない人は、基本的に参加できません。この先結婚する可能性が全くない人には、付き合ってもいない偽造カップルやすでに結婚式を挙げている人です。これらに該当する人は、完全に冷やかしとなります。
会場側が、このような人達の参加を断ることはありません。しかし、この先結婚する可能性が全くないのであれば、モラルとして参加は控えるべきです。会場側は、時間と労力をかけてブライダルフェアを開催しています。そのため、結婚する人達の力になれたらと必死です。そこに、この先結婚する可能性が全くない人が来るのは、残念なことです。冷やかしでも参加することは可能ですが、この先結婚する可能性が1%でもある人だけ参加するようにしましょう。

<冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際の注意点>

冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際は、以下の5点に注意して参加するようにしてください。

案内されている途中で退席しない

ブライダルフェアは、1件参加するだけで2~3時間程度の時間を要します。その間は常にプランナーさんと行動を共にし、結婚式場に関する話をひたすら聞くことになります。無料試食会や無料試着会があっても、それらは自分たちで自由に試食や試着ができるわけではなく、常にプランナーさんがつきっきりの状態です。そのため、料理の話や衣装の話を聞きながら、試食や試着をしなければいけないということになります。
無料試食会や無料試着会目当てでブライダルフェアに参加するのは特に問題ありませんが、それだけを体験したいという安易な考えでは、ブライダルフェアに参加しても後悔するだけだということを理解しておきましょう。

結婚式の内容などが決まっていないことを伝える

結婚式の日程などといった内容が決まっていない場合、会場のスタッフさんから冷やかしだと思われてしまう可能性が高くなります。ブライダルフェアは、ウィンドウショッピングのように見るだけで良いというものではないので、アンケートの記入や結婚式に関する質問を必ず受けることになります。
冷やかしで参加していると思われないようにするためにも、あらかじめ将来のために見学に来ただけだということを伝えるようにしましょう。

参加したからには真剣に参加する

ブライダルフェアに冷やかしのような形で参加すると、興味のあることとないことで大きな偏りが出てきてしまいます。試食会や試着会は楽しく過ごすことができるかもしれませんが、プランナーさんからの説明の時間は退屈に思えてしまうかもしれません。他にも、大きな演出は面白いが装花の説明はつまらない、ドレスを着るのは楽しいがドレスの説明は聞きたいと思わないなどです。
しかし、いくら冷やかしのような形で参加しているとはいえ、ブライダルフェアに参加しているという事実は他の参加者と同じです。参加した以上、真剣に参加するようにしましょう。興味がないところでボーっとしてしまったり、眠気に襲われてしまったりするのは仕方ないことです。意図的に大きな声で話をしたり退席したりするなど、周りの人達やプランナーさんに迷惑をかけるような行為はしないでください。

人数制限のあるブライダルフェアには参加しない

結婚式場の見学がしたいという理由だけでブライダルフェアに参加する場合は、人数制限のあるブライダルフェアへの参加を避けるようにしましょう。
ブライダルフェアに参加する人は、基本的に真剣に式場探しをしています。人数制限のあるブライダルフェアに、冷やかしのような形で参加している人がいると、真剣に式場探しをしようと思っている人が参加できないことになってしまいます。
ブライダルフェアは基本的に誰でも参加することができますが、会場側もビジネスとしてブライダルフェアを開催しています。会場や他の参加者の迷惑になるような参加は控えるようにしてください。

無料試食会や無料試着会への参加は控えめにする

冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する人のほとんどが、無料試食会や無料試着会を目的として参加しています。結婚式場という素敵な空間で、無料で豪華な料理が食べられたり無料で衣装を試着したりすることができるので、非常にお得です。冷やかしであっても無料試食会や無料試着会への参加は可能ですが、他の参加者の中には、本気度が高い人も当然います。そのため、冷やかしのような形で参加している人が、試食会や試着会に時間をかけて楽しむのは避けた方が良いでしょう。
試着会を例にして考えてみます。ドレスの試着が何着でも可能な試着会だった場合、時間の許す限り試着を楽しみたいと思うのが当然です。しかし、ドレスを3着4着着るとなると、2時間近くの時間が必要となります。そうなると、スタッフさんの手間が増えるだけでなく、試着を待っている他の参加者にも迷惑をかけることになってしまいます。
自分が冷やかしのような形で参加していると分かっている場合は、無料試食会や無料試着会は少し控え目に参加するのが良いです。参加してはいけないというわけではありませんが、周りのことも良く考えて参加するようにしましょう。

<冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際の禁止事項>

冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際は、以下の3つを行わないようにしてください。これらは全て禁止事項となっています。

明らかに興味がないと分かる言動

「疲れた」「面倒くさい」などといったマイナス発言をする、模擬挙式の見学中にスマートフォンを触るなどといった言動は、会場に失礼なだけでなく、他の参加者のモチベーションも下げることになってしまいます。冷やかしのような形であれ、ブライダルフェアに参加する際は、何事にも興味があるように振る舞うのが最低限のマナーです。明らかに興味がないと分かる言動はしないでください。

同じブライダルフェアに何回も参加する

同じ会場が実施している無料試食会付きのブライダルフェアに何回も参加すると、会場側からブライダルフェア荒らしだと認識されてしまう可能性があります。ブライダルフェア荒らしだと認識されてしまうと、ブラックリストに登録されてしまい、今後同じ会場や系列店のブライダルフェアに参加することができなくなってしまいます。どうしても何回も参加したい場合は、違う会場のブライダルフェアに参加するなどといった工夫が必要になります。
しかし、違う会場だとしても系列が同じである場合があるので、そういった点までしっかり調べてから参加するようにしましょう。ブライダルフェアに参加する人は、平均で2~4会場、多くても5~6会場程度見学しているので、何回もブライダルフェアに参加することがいけないというわけではありません。同じ会場のブライダルフェアに何回も参加することがないように注意してください。
(数値引用元:https://bridal-journey.com/bridalfair-hiyakashi/)

適当な服装で参加する

結婚式場はラグジュアリーな場所です。カジュアル過ぎる服装やラフな服装は、どうしても浮いてしまいます。結婚式場の雰囲気を崩さないためにも、適当な服装で参加することはやめてください。綺麗な服装で参加するようにしましょう。

<冷やかしで参加するとしつこい営業や勧誘が待っている?>

526663 / Pixabay

冷やかしでブライダルフェアに参加すると、しつこい営業や勧誘が待っているのではないかと不安になる人がいます。実際、ブライダルフェアに参加すると、最後に営業や勧誘が待ち構えています。
会場側はビジネスとしてブライダルフェアを開催しているので、結婚式をここで挙げてほしいという気持ちを誰もが持っています。しかし、契約するまで帰さないといったような強引な営業や勧誘は行っていません。ブライダルフェアに参加する際は、多少の営業や勧誘はあると理解した状態で参加するようにしましょう。
また、しつこい営業や勧誘をうまくかわすのに重要なのは、断り方です。契約する気がないということをハッキリ伝えられる断り方を習得しておくと、安心です。

<まとめ>

今回は、ブライダルフェアは冷やかしでも参加することができるのかという疑問について考えてきました。いかがでしたか?最後に今回の内容をまとめておくので、おさらいしておきましょう。

  • ブライダルフェアは冷やかしでも参加することが可能。しかし、冷やかしでの参加だからといって、やりたいようにやって良いというわけではない。最低限のマナーや礼儀などはしっかり守って参加する。
  • 冷やかしだと思われないためにも、マナーや礼儀はわきまえる。周りの人達に迷惑をかけたり、スタッフさんに無理を言ったりするようなマナー違反は禁止。
  • 偽造カップルや結婚式経験者など、この先結婚する可能性が全くない人は、モラルとして参加を控える。冷やかしでも参加することは可能だが、この先結婚する可能性が1%でもある人だけ参加すること。
  • 冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際の注意点は、「案内されている途中で退席しない」「結婚式の内容などが決まっていないことを伝える」「参加したからには真剣に参加する」「人数制限のあるブライダルフェアには参加しない」「無料試食会や無料試着会への参加は控えめにする」の5点。
  • 冷やかしのような形でブライダルフェアに参加する際の禁止事項は、「明らかに興味がないと分かる言動」「同じブライダルフェアに何回も参加する」「適当な服装で参加する」「の3点。
  • 冷やかしのような形での参加のみならず、ブライダルフェアに参加すると、最後に営業や勧誘が待ち構えている。ブライダルフェアに参加する際は、多少の営業や勧誘はあると理解した状態で参加することが大切。また、契約する気がないということをハッキリ伝えられる断り方を習得しておくと安心。

ブライダルフェアは、冷やかしでも参加することができます。しかし、ブライダルフェアは基本的に、真剣に式場探しをしている人達が集まるものです。そのような人達が満足のいくブライダルフェアになるようにするためにも、控えるべきところは控えるなどして、お互い良い形でブライダルフェアを楽しむことができるようにしましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あやと

皆さんのためになる記事作成をしていきたいと思っています。 読みやすい記事になるよう心掛けていきます、よろしくお願いいたします!

-ブライダルフェア, 結婚準備

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.