体験談

結婚相談所でも恋愛できる?パーティー体験談

更新日:

結婚相談所でも恋愛できる?

結婚相談所の出会いは条件ありきのお見合い(マッチング)が基本です。ここでいう条件は“可視化されるデータ”のことで、男性ならば「年収・職業」、女性ならば「年齢・容姿」が重要視されるといわれています。
条件が第一となる結婚相談所での出会いは不自然で、恋愛関係には至らないと思われがちです。
しかし私は、結婚相談所で条件から外れた男性を人生の伴侶として選び、恋愛期間を経て、現在幸せな生活を送っています。
今回は旦那との出会いについてお話しします。

お見合い(マッチング)での出会いとは「結婚相談所の出会いは条件がすべて?」

結婚相談所を利用する上で一番大切なのは、自分が今後の人生でどういったパートナーを求めているかはっきりさせること、それ以上に自分がどういった人に求められているかを知ることです。お互いのニーズがマッチしない限り、婚活市場では出会う事さえできないからです。
この出会い方には長所と短所があります。
まず、長所として「理想とする異性に早く出会えること」が挙げられます。一般に結婚相談所の利用は短期決戦であるため、お互いに希望が合致した異性と最短で出会える方法は極めて効率的だと言えます。
一方、短所は「条件が合致したパートナーであっても、フィーリングが合うかどうかはわからない」ということです。どれだけ条件が合致していても、性格があわなかったり、結婚後の生活イメージが異なっていたり…実際に出会ってみないとわからないことは多くあります。
現在はライフスタイルも多様化し、女性の社会進出も当たり前となってきた中、「条件だけで結婚を決める」ということが以前より難しくなってきたのではないかと思います。
結婚相談所の出会いだとしても、条件だけでなく、中身(フィーリング)がそれ以上に求められると、婚活を経験して感じました。

結婚仲介所

結婚相談所のパーティー「フィーリング重視のパーティーに参加」

結婚相談所に入会して1か月弱、私は相談所主催のパーティーへの参加を決めました。
それまでに何人かとお見合いをしましたが、どうもうまくいかず、気分転換を兼ねた参加でした。
当時の私は高望みともいえるくらいの条件をだしていました。条件にあった方ともお会いしましたが、なんだかピンとこない…!条件は入会時になんとなく決めたものであり、早くも窮屈な行き詰まりを感じていました。
さて、パーティーは相手の条件について事前に知ることはできないタイプのもので、相手の条件を知ることができるのはパーティー終了後、お互いに「もう一度話してみたい」と思った時だけでした。
パーティーは半個室状態で行われ、女性が待つ部屋を男性が順番に回って行われました。小規模のパーティーで、ちょっとしたお菓子とお茶を楽しみながら各人とゆっくりお話しをしたのを覚えています。
私が最初に同席となった男性は、年齢若め、同じ趣味をもつ男性でした。優しそうな雰囲気で、はにかんだ笑顔がかわいらしく印象的でした。
これが旦那との初対面となりました。
少し話しただけですが、ずいぶんと久しぶりに「この人いいな」と素直に思え、そんな自分に驚いたことを覚えています。
他のパーティー参加者にはない何かが彼にはありました。
帰宅後、条件を確認すると、なんとなく決めた高望みな希望からは外れていたけれど…それ以上に彼の雰囲気に惹かれていました。おそらく条件だけのマッチングに頼っていたら出会うことはできなかったと思います。
デートの申し込みに喜び、何度も会い、トントン拍子に話は進みました。結果、出会って4か月後にプロポーズ、1年以内に入籍を果たしました。
途中からは出会いのきっかけが結婚相談所だなんて忘れるくらい、自然なお付き合いとなりました。

まとめ

結婚相談所をはじめとする婚活の基本は条件であることは間違いありません。条件があった人、その中で自分を好きになってくれた人と結婚を決めることが最善ではありますが、条件だけにこだわりすぎると婚活迷路に陥ることになります。
相談所経由の出会いであっても、恋愛結婚に近い形での結婚はできます。
そのためには条件にこだわりすぎず、フィーリングを大切にすることが大切であると思います。

ゼクシィ縁結びカウンター
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

mishi

静岡県在住 女性 20代後半 3つ年下の男性と入籍をしたばかりです。 そこに至るまではかなり長い道のりで、恋活を含めると3-4年にわたり婚活を続けてきました。

-体験談

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.