体験談

恋活アプリで出会った男性

投稿日:

婚活アプリは、結婚相談所などと違って、とても手軽に登録できます。

本人確認で運転免許証や健康保険証の写メを送りはしますが、それくらいで、実は既婚者だったり恋人がいたとしても、それがばれることはありません。

婚活寄りのアプリでは、まだ“結婚に対する意識”“子供が欲しいか”“家事育児に対する意識”“結婚後の働き方に対する意識”などを入力する欄があります。

けれど、私が今回使用した恋活寄りのアプリでは、未婚、バツイチの欄くらいであまり結婚を意識している人は少なそうでした。

今回はそんな恋活寄りのアプリで出会った男性についてお話したいと思います。

私自身もプロフィールを偽っていました

私は、実はバツイチで、離婚したばかりの時に、その恋活アプリに登録していました。

真剣に出会いをさがしているというよりは、疲れてしまって、自分に魅力がないと思い、自信がなかったので、こんな私でも男性に需要があるのか知りたくて登録しました。

まだバツイチになって3か月程度しかたっていない時期で、人に「離婚した」と躊躇してなかなか言えない心境だったこと、自分の需要が知りたかったので真剣に出会いを探していなかったことから、私も嘘のプロフィールで“未婚”で登録していました。

マリッシュ

ある男性とメッセージ交換中に

さて、恋活アプリに登録していて1週間ほど、何人かとメッセージを交換して少し自信を取り戻すことができました。

どちらかというと、メル友が出来たらいいなくらいで、実際に出会う気はなかったのですが、話が合って頻繁にメッセージを交換する男性ができました。

30代後半で年収も高く、なんで今まで独身だったのかなと不思議に思うような男性でした。

いつものようにメールのやり取りをしている中で、私がプライベートで、ものすごく落ち込むことがあり、その男性にメールで愚痴を聞いてもらっていました。

その時に「実は私バツイチなんです」と打ちあけると「実は僕もバツイチです」というではありませんが。

しかも、聞いてみると小学6年生くらいの結構大きいお子さんもいて、男性が引き取って一緒に暮らしているとのこと。

彼のプロフィールも“未婚”だったので、とてもびっくりしました。

ちょっと前なのと恋活アプリだったので、子供の有無は入力画面があったのかはちょっと覚えていませんが、お互い嘘をついていたということですね。

(まとめ)もちろん真剣に婚活アプリに登録している人もたくさんいると思います

今回は、気軽な恋活アプリだったこともありあますが、こんな風にお互い嘘をついていてもアプリだと全く分からなかったです。

その彼とはお互いバツイチだと分かり、気軽な友達のようになった時期もありましたが、結局連絡を取らなくなってしまいました。

私も落ち着いてきて、現在は、真剣にまた再婚を考えることが出来る男性に出会うことが出来たらと考えて婚活をしています。

現在登録している婚活アプリでは、“独身(離婚)”としっかり記入しているし、それも私の個性かなと思えるようになってきました。

それも含めて受け入れてくれる男性が見つかればなと思っています。

けれど、恋活アプリに登録していた時は、自分にも需要があることが分かることが目的で将来につながる出会いは期待していなかったので“未婚”にチェックを入れることに抵抗もなかったです。

アプリに登録している男性の中にも、将来につながる出会いではなく、ただ、女性と遊ぶことや体が目的という人もいると言います。

既婚者やバツイチなのに“未婚”と記入したり、バツイチで子供がいるのに“子供がいない”と記入したりしている人もいるでしょう。

私自身がそうだったので、しつこく身分証明書を見せてほしいと言って冷められたこともありますが、ネットでの出会いは慎重になりすぎることはないかなと思うので、皆さんも、気を付けてくださいね。

マリッシュ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

まき

20代 女性 大阪府在住 婚活はしんどい時もありますが、いろいろな人に出会えて刺激にもなります。素敵な人に出会えるようにお互い頑張りましょう。

-体験談

Copyright© LILY , 2020 All Rights Reserved.