体験談

婚活サイトで巡り合えた運命の相手

投稿日:

私達夫婦は結婚して今年で4周年を迎えます。
知り合ってから3度目のデートで結婚を前提に正式交際がスタートして、半年以内にはプロポーズがあり、1年後には結婚。
すべてが驚くほどとんとん拍子で進んでいきました。
そんな夫との出会いは「ブライダルネット」という婚活サイトでした。

三度目の正直

27歳頃に婚活パーティーや婚活サイトを利用し始めた私。
正式交際に進む人はいても、結婚を前提とするほど真剣な人はいませんでした。
私は相手に尽くそうとする傾向にあり、都合よく思われてしまっていたのかもしれません。
仕事に励んでいて尊敬できる相手でも、付き合いに関しては自己中心的でついていけない人もいました。
自分に魅力がないからそうなるのか等、頭を悩ませることもありました。
私は当初リラクゼーションサロンに勤務していて、いずれ結婚したら自宅サロンをやりたいと思っていました。
中々婚活が上手くいかない時に、自分のことに集中しようと考えを改めて、都心のマンションで個人サロンを始めるべく動くことにしたのです。

三度目の正直のような思いで始めたのが「ブライダルネット」という婚活サイト。
職場に置いてあったシティリビングで紹介されていたのを見て登録しました。
プロフィールの各項目を丁寧に書き込み、顔写真は好感を持たれやすい明るめの笑顔の写真を使用。
婚活サイトを利用しながら、個人サロンの内装をいじったり物を揃えたり具体的な行動を始めました。

婚活サイトを通じて知り合った人の中で割と好感触の男性が3人いました。
1人は偶然にも私が以前勤めていた会社に勤務している人。
この人はお会いして私の同期と仕事をしていることが分かり、素性を同期に教えてもらい対象から外しました。
もう1人はまた偶然にも以前の勤務先の管理部門に勤務している人。
2回ほど初めて会う予定を変えられた上に、最終決定した日もゴルフの練習をしたいという理由でドタキャンされました。
私のことを真剣に考えてなさそうだったので、こちらから切りました。
後で気になってフルネームと勤務先からFacebookで彼を探し当てたところ、なんと3人同時進行で交際を検討していた様子。
切って正解だったと思いました。
そしてもう1人はまったく別の業種でアパレル系の企業に勤めている人。
それが今の夫です。

夫は知り合った当初は仕事でかなり忙しくしていたようでしたが、メールの返信はいつも丁寧で好感が持てました。
私は長文になる傾向がありましたが、夫のメールも短文でなくきちんと長文で返してくれていました。
掲載写真は少し不鮮明だったけれど悪くない顔。
その他の条件も私が望んでいるものはすべてクリアしていました。

私はシフト勤務で当時は土日も働くことがあり、基本土日休みの夫と予定が合わずにいた頃。
上記にあるように、私が他の男性にドタキャンされてしまったのが偶然にも土日休みの日。
日にち的に急ではありましたが、夫に「○○日なら会えますが…」と連絡すると、「その日なら会えます」と返事がきました。
この時点で私は何か運命的なものを感じていました。

ゼクシィ縁結びカウンター

独立心が引き寄せた出会い

夫と初めて実際に会う日、私の提案で昼間の水族園と公園でのデートにしました。
ランチやディナーを食べるだけより、横に並んで話しながら歩いた方が人柄が分かりやすいからです。
表情の変化や歩調の合わせ方も見られますし、仮に人見知りでも真向かいにいるよりは横並びの方がリラックスできますしね。
色々話す中、夫の実家で飼っている犬の話をした時にすごく優しい表情になっていて、私はこの瞬間に「この人がいい」と思いました。

夫に私に興味を持った理由を聞くと、写真が明るく健康そうに見えたことと、個人サロン経営に向けて頑張ってることが良かったそうです。
1人で何かを一から立ち上げることは容易ではありません。
それを一生懸命やっている姿勢を見てくれたんだと分かり、とても嬉しく感じたのを覚えています。

相性が良いと時間があっという間に感じるもので、公園デートの後は夫の運転する車に乗ってディナーを食べに行きました。
車中も食事中も楽しく感じ、別れが名残惜しかったです。
それ以降は冒頭に書いたように何もかもが順調に進んでいきました。

夫が後日話してくれたのですが、急な誘いに応じてくれた時、実は別件の用事が入っていたそうです。
それを断ってまで私の予定を入れてくれたと聞いた時には、この人を選んで良かったと思いました。

結婚が決まったので、せっかく始めたマンションの個人サロンは残念なことに閉店しましたが、結婚後の新居で再開。
夫は私が自宅サロンをやりたいことを知っていたので、サロン用の部屋を含めた部屋探しをしてくれたのです。
こういった面にも感謝の気持ちでいっぱいです。

まとめ

「諦めが肝心」という言葉が当てはまるかは分かりませんが、行き詰った時はいったん離れてみた方がいいと思うのです。
実際私は、親の「結婚はまだ?早く相手を見つけなさい」というプレッシャーを感じながら婚活をしていましたが、そこに執着せず自分のことに目を向けたら物事は好転していきました。
今目の前にあることややりたいことに一生懸命でいる方が、人として魅力的に映るのでしょう。
また、婚活への肩の力が抜けてリラックスしていた方が、相手も接しやすいのではないでしょうか。

婚活サイトのメリットは年収や子育てや親との同居に関する考え等、直接本人に聞きにくい情報が会う前から分かること。
友人関係や家族等の何のつながりもないところでの出会いではありますが、逆に考えたら普通なら出会えなかった人と出会えるということ。
私は夫と婚活サイト経由で出会えて本当に良かったと思っています。
これから婚活をする人や行き詰っている人に良い出会いがあるように心からエールを送ります。

マイナビウエディング
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ツキノウタ

30代 女性 千葉県在住 婚活サイトを通じて最愛の夫と出会いました。婚活中の方は頑張ってください。

-体験談

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.