体験談 出会い・婚活

【婚活体験談】婚活3歩目 「マッチング」を通過せよ!

更新日:

結婚に本当にたどり着くことができるのだろうか。
失敗が続くとどうしても、この考えが頭をよぎります。
結婚相談所の1日限定の企画に参加した何度かの経験は、ほとんどがマッチングをせずそのまま帰るというものでした。そんな私でも3回ほどはマッチングを経験したことがあります。本当にうれしい瞬間です。クジにでも当たった感覚がきたと思ったら、その先にめくるめく結婚の道が一瞬にして広がるようにも感じるのです。喜び、安堵、高揚、そしてちょっとの不安。
そのわずかなマッチング経験のお話をしていきましょう。

「(残念ながら興味のないお話なので、)ぜひ別のお話を!」という質問力

男性はご自身のことを語る際はスポーツ観戦が好きなことを、女性に対しては料理ができるかどうかを質問に盛り込む傾向があります。偏った認識かもしれませんが、私の場合はお見合いやパーティーで出会った方の多くがそうでした。私が好んで話さない内容なのでよく覚えているのかもしれません。
 そんな時の対策は、好きな路線に質問をもって修正をかけていくことです。
「お仕事は●●なのですね?これまで接点のない職業なので興味があるんですが、どんなお仕事なのですか?」
「ご出身は△△なのですね?ご当地グルメで何か有名なものはあるんですか?」
「1年以内に結婚したいと書かれていますけれど、ご家族からのプレッシャーとかですか?(笑)」
といった具合です。社会人になって身に着けた「質問力」がここで発揮されるとは思いもよりませんでした。私は仕事の話が好きなので、会話のメインをそこに絞っていきます。男性は女性が仕事に対してネガティブなイメージをもっていると思っている方が多いようなので、こちらからふらない限り話そうとしません。
「ぼくはこういう部署で、こんな仕事を主にしているんです。仕事が長引いて、帰宅が遅くなることも多くて」
「ずっと長い間、この仕事をしているんです。仕事のしすぎでしょうか。それで前回離婚してしまって」
ネガティブなワードを出した瞬間の男性の「やってしまった」の顔。むしろ私にとっては共感どころです。

「それはおもしろい、もっとお願いします!」という共感力

私の場合は仕事を楽しむ人かどうかをポイントに置いているので、ネガティブにとらえることがありません。
「確かにそういうお仕事でしたら、遅くなりますよね。取引先の方とのお付き合いも頻繁にあるんでしょうね。飲んでつながりをつくっておくというのも交渉事のひとつですし。」
「同じものにこだわり続けるのは容易ではないですね。その分野が天職だったんでしょう!そういうお仕事に出会えたって幸せじゃないですか!」
そんな言葉で返したときの男性は、安堵の顔に変わります。そのあとは、仕事の話を楽しんで話してくれるか、休みの日でも仕事に関連付けてものを見てしまうといった話をしてくださる方が多いです。
 後者のパターンの方でこんなお話をしたことを記憶しています。
「仕事に没頭していると、どうしてもOFFの切り替えができなくて、ついついそれに関連したものをみてしまうんです。…いや、でも休みもちゃんと休んでいるんですよ。自炊もして…あと料理で息抜きとか…」
「そうですよね。それだけ心血そそいでいるとそうなってしまいますね。あ、でしたら、あそこの施設は適していますね!以前行ったことがあるのですが、とても興味深い資料が多くあっておすすめです。息抜きもできますし、お仕事にも使えるかもしれませんね。」
「え、ちょっとメモしていいですか?」
まさかの「メモします」には驚きましたが、区切りの時間がアナウンスされた際「お話しできて本当によかったです!ありがとうございました!」と言って笑顔をくださったことは、とても嬉しかったです。

マッチングは、婚活3歩目

マッチングしたときは、自分自身の調子がよいのか、お話した男性の方ほぼ全員から「今日はお話しできてよかったです。」「聞いていただけてよかったです。自信になりました。」「明日から頑張れそうな気がします。」というお言葉をいただきます。何しにきたんだ?という自問自答がありますが、みなさんいい笑顔になってくださるので、こちらも話してよかったなと思えます。
前書きに記したように、マッチングすることはとても嬉しく、ある種の勝利を得た気持ちになりますが、これは婚活3歩目の歩みです。資料請求1歩目、契約(あるいは活動)で2歩目、そしてマッチングで3歩目です。結婚までの道のりはまだまだです。マッチングすることで喜びすぎず、次のステップを確実にするためにも「ちょっとの不安」を大事にすることがよいのかもしれません。

ゼクシィ縁結びカウンター
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくら

30代 女性 愛媛県在住 悩んでいるのは私だけ?と思いきや、ここにもいます。発見や共感を記事から得ていただけたら幸いです。どぞよろしくお願いいたします。

-体験談, 出会い・婚活

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.