体験談

【婚活体験談】失敗経験 一瞬しょっぱい 一生笑える

更新日:

結婚相談所は様々な出会いの企画が設けられています。個別にやりとりをして、お互いの合意のもと会ったり、仲介がはいった上でお見合いが行われたりはスタンダードですが、中には結婚にむけての学びの場を介して出会いにつなげる企画や、対面のパーティー形式の企画、同じ趣味体験でマッチングを促進する企画などもあります。

多くの企画の中で自分にあったスタイルの企画からはじめてみるのもよいと思います。結婚相談所の敷居が高いと思っている中、高額な契約を思い切ってするのはなかなか勇気がいるでしょう。気になっている結婚相談所主催の企画に1日だけ試しに参加すると雰囲気を知れてその後の婚活スタイルも決めやすくなります。

私は、対面のパーティー形式に注目して何度か参加しました。
そこでは失敗することが多く、婚活スタイルを変更するきっかけにもなりました。今回はそこでのうまくいかなかったエピソードをお話します。

「ぼく、年齢線引きしています」に太刀打ちできない

対面のパーティー形式では、年齢でくくられた企画や、職業年収、子持ちや離婚歴ありの理解者など豊富にあります。

一度参加すると結婚相談所からおすすめのメールや電話がかかってきます。電話連絡は、頻繁にはありません。
地方で婚活をしていた時は、登録者も少ないためか何度かお電話をいただいたことがあります。

人数あわせのお役にたてれば、という気持ちで参加をするものの結果はシビヤです。企画に対して年齢が合致していない場合に呼ばれた際は、とてもメンタルを鍛えられました。

対面パーティーでは、短時間で1名の方と話すため、事前に簡単なプロフィール作成をして挑みます。職業や年齢、趣味、休日にしていることなど、話のネタを広げやすい書式になっています。

それをもって会話をスタートするので、年齢はもちろん確認されます。
「あ、30歳なんですね…」それ以降はまったく話がすすまない!聞かない!続ける気をみせない!
「え、20代限定ですけど参加されてるんですね?」
「(年齢越してるのに)どうして参加されたんですか?」

そうですよね。疑問に思いますよね。私も本当に参加していいか主催者に3度確認しましたよ。と、何度も説明する始末。20代でも相手をおもんばかることができる、また自分の理想の許容範囲を広げてみることができる人も多くいます。

ただ、その時の会場にはそのような方はいらっしゃらなかったのです。
何組かマッチングをして、先に男性が会場を出たあとのことです。

友人と連れ添って参加していた女性の方たちの会話は驚くべきものでした。
「私、どの人とマッチングしたかわかる?」
「私も誰だか忘れちゃった」

スマートフォン用

うっかり面接官

 私は、家庭的な方を求める方にはすこぶる印象が悪いです。以前の私は、自分の仕事に誇りをもって働いていることを話しましたし、相手の仕事も理解しようと話を聞こうとしました。仕事について話すのが好きな方はどんどん話してくださるのですが、数は少ない印象です。

ほとんどの方が途中から体が後ろ倒しになっていくのです。他にも表情や仕草などから容易に気持ちを察することができるので、途中から趣味の話へ質問を変えていきました。

そんな方の中で、言葉をもって指摘してくださった方がいました。
「上司に指導されてる感じがしますね」
やっちまったな…と思いました。婚活しにきているのに、完全に面接になっていたな、と。

自分の好きなことを話しすぎて失敗することがありますが、私の場合は仕事の話を控えないと先に進まないと痛感しました。自分と同じように仕事を楽しんでいる方に出会いたいという一心で範囲を狭めすぎたことによる失敗でした。これでは前述した年齢線引きの彼らと同じだったわけです。

会場を出て思うこと(まとめ)

マッチングしないで帰路につくのはとても切ないです。会場から出るのも、エレベーターで降りようか、階段で降りようかと悩むほどです。

なぜなら、階下にはマッチングしたペアがこれから行くディナーのお店を相談したり、連絡先を交換したりしているのですから少しでも気まずくないように帰宅したいと思ってしまうのです。

ただ、切ないやら悔しいやらの気持ちはその一瞬だけです。よくよく考えてみます。年齢線引きする人とマッチングしたらどうなる?他のことでも何かしら年齢を理由に文句をつけられるのでは?

仕事をする女性が好きでない人とマッチングしたらどうなる?家庭的な女性と比べられて、できないことを常に攻められやしないか?といった具合に考えると、今日はこれでよかったな!と思えたのです。

失敗経験は、結婚相手につながるためのエッセンスとして次の出会いに力強くすすみましょう。翌日には友人に話すネタになって周りを楽しませて、自分の人生を豊かにしてくれます。

ゼクシィ縁結びカウンター
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

さくら

30代 女性 愛媛県在住 悩んでいるのは私だけ?と思いきや、ここにもいます。発見や共感を記事から得ていただけたら幸いです。どぞよろしくお願いいたします。

-体験談

Copyright© LILY , 2018 All Rights Reserved.