出会い・婚活

【婚活体験談】ハッピーメールで、交際に発展

投稿日:

出会い

知り合ったきっかけは、何気なく掲示板を閲覧していると、笑顔が印象的で、優しそうな男性を見付けたのですが、その時はメールする勇気はなく、その日はプロフィールだけ閲覧して終わりました。

けれど、その2~3日後に『足跡ありがとう。もし良ければ、メールから仲良くなりませんか?』とメールが届き、その日からサイト内でメールするようになり、二日程、やり取りしているとアニメ好きと言う事で意気投合し、LINEのiDを交換しました。

男性は同県に住む40代の男性で、スーパーの店員として働いている人だったのですが、最初に抱いた印象と同じで優しく、少しずつ惹かれて行きました。

そんなある日の事、週末デートに誘われ、近所のファミレスで待ち合わせする事になりました。

必死に嫌われないように、入念にお洒落に力を入れて過ごし、当日を迎え、駐車場に着いた時、LINEを送ると中で待っていると返信が届いたので、本当に居るのだろうかと不安を抱きながら、中に入りサイト内で見た写メの男性を探しました。

午前中に待ち合わせして居た為、店の中には人が少なく、写メの男性を見付けられず諦めて帰ろうとすると、入り口付近の、一番見えにくい席に座っていたので、安心して声を掛けました。

すると、男性は満面の笑みを見せて「本当に来てくれたんだ。前にメールした女性には、ドタキャンされたから、来てくれるか心配だった。」と言われ、ファミレスでお茶をしてから、男性の車でドライブする事になりました。

お互い緊張していた事もあり、お茶をしている間も男性が食べ物を溢したり、飲み物を取りに行っている際転ぶ等、ハプニングがありましたが、楽しく過ごせました。

男性は、話上手で上手くリードしてくれたので心地好く、もっと一緒に居たいとその時思い、お茶をした後、いざ車の助手席に乗ろうとすると、荷物が沢山乗せてあった為、結局後部座席に乗り、ドライブする事になりました。

そんな失敗も笑って許せ、ドライブ中も楽しく過ごせました。

一時間程、ドライブした後カラオケに行き、アニメソングを中心に歌ったのですが、個室に入っても手すら繋がなかった為、俯きながら「あの、私の事どう思っているんですか?」と思い切って訪ねると、首を傾げ「いい子だと思ってるし、大切にしたいけど、どうしてそんな事聞くの?」と言われたので「デートしてるのに、手すら繋ぐ様子なかったから。」と口篭るとバツが悪そうに「ごめん。そうだよね。実は俺、女性と交際した事ないから、よく分からないんだ。だから、ちゃんと言って欲しい。」と言われ、その後ぎこちなく手を繋ぎ、帰り際、交際して欲しいと言われたので承諾し、その時に、一緒にサイトを退会しました。

その日、家に帰り着き、男性にLINEをすると『また会えるんだよね。付き合ってくれるって言ったのは社交辞令じゃないよね。』と返信が届いたので、可愛いと微笑ましくなり、思わず笑ってしまいました。

交際が始まっても、男性は自分からスキンシップを取って来ず、手を繋ぐ事すら私に、承諾を取ってからで、ハグやキスする際も、メールで予告をしてからでした。

勿論、今まで恋愛した中で、そんな事を聞かれる事がなかったので、恥ずかしげに承諾していましたが、慣れて来ると、自然としてくれるようになりました。

その後、一緒にサイトを退会した男性が、まだ利用していた事を知り、喧嘩となり、別れを告げました。

まとめ

この恋愛を経験して、出会い系サイトでは、退会して再び登録する恐れもあるので、注意が必要だと学びました。

ハッピーメールは、県外の利用者からも、足跡が付くので、遠距離恋愛になる可能性はありますが、割り切り等の誘いはあまり来ない為、女性にはお勧めです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

美桜

鹿児島県在住 30代 女性   婚活で出会い系サイトを利用しようと、考えている方の参考になったら、幸いです。

-出会い・婚活

Copyright© LILY , 2020 All Rights Reserved.